Tag

プロフィール

2017年下半期 最新人気アイテムランキング

結婚式撮って出しエンドロール、スナップ写真、プロフィールムービーのランキング

2017年下半期で人気の高かったセットや組み合わせをまとめてみましたので、2018年挙式の花婿花嫁の皆様、参考にご覧いただければ嬉しいです!


2017年下半期 売れ筋アイテムトップ10はこちら٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

尚、下記に記載しいる商品価格は全て通常価格です。キャンペーン等で割引となっていることもございますが、キャンペーン割引の有無は特典ページをご確認ください。


結婚式ビデオ・再入場エンド 2点セット|¥209,800+税

・人気のポイント・
記録ビデオは丸1日収録する点はもちろん、二人が中座中の歓談風景やスピーチや余興が全編収録されるところが好評です。
撮って出しエンドロールは、ゲストカットを沢山入れたい方や、パーティーシーンと再入場のカラードレスまで入れたい方に人気。
後日ゆっくり鑑賞する結婚式ビデオと、当日のフィナレーレ演出の両方がセットになったこの2点セットは当店の1番人気です。

★商品ページはこちら → 結婚式ビデオ・再入場エンド2点セット


シネマティック・再入場エンド 2点セット|¥159,800+税

・人気のポイント・
1番人気のセットと違う点は、後日鑑賞するビデオがシネマティックビデオに変わるというところです。
結婚式ビデオかシネマティックビデオかで好みが分かれますが、一番人気のセットに比べてこのセットは料金面が安く抑えられます。
また、シネマティックビデオは結婚式ビデオと違ってメイクルーム撮影やインタビュー撮影も料金内のため大変好評です。

★商品ページはこちら → シネマティック・再入場エンド2点セット


スナップ写真・再入場エンド 2点セット|¥164,800+税

・人気のポイント・
記録ビデオとエンドセットと迷われる方が多いこのセットは、写真重視の花嫁に人気の高いセットです。
また、ビデオとスナップ写真カメラマンの持ち込み手配が、当店ココロスイッチだけで行える点も、忙しい花嫁花婿の時間の節約になり好評を得ています。
業者とのやり取りの手間や時間の節約だけでなく、アルバム購入を基本セットとしてい無いため料金面もリーズナブルで大変人気です。

★商品ページはこちら → スナップ写真・再入場エンド2点セット


結婚式ビデオ・再入場エンド 2点セット + プロフィール|¥224,600+税

・人気のポイント・
この組み合わせが人気の理由は、1番人気の2点セットに14,800円プラスするだけでプロフィールムービーが付いてくるという点です。
プロフィールムービーは、全ての商品の中から自由に好きなムービーが選べるのも好評です。

★商品ページはこちら → 記録ビデオ・再入場エンド2点セット + プロフィールムービー


エンドロール 単品|¥74,800+税〜

・人気のポイント・
当店で取り扱う商品の中で単品人気No.1は撮って出しエンドロールムービーです。挙式タイプ、再入場タイプ、新作LASHの3タイプのエンドロールがありますが、
一番ご注文が多いのは、LASHエンドロールです。当店にしかない、オリジナルデザインのエンドロールは発売後大ブレイクし、特にレストランウェディングを中心に人気です。
また、LASHに限らず当店のエンドロールは、花嫁花婿やゲストの自然な様子を撮影するのが特徴で、この点が好評を得ています。
BGMに合わせて当日の自然な表情や仕草をつないだエンドロールは、ナチュラルで臨場感たっぷりの仕上がりでとっても人気です。

★商品ページはこちら → 撮って出しエンドロールムービー


シネマティック・再入場エンド 2点セット + 二次会までのスナップ写真|¥259,600+税

・人気のポイント・
この組み合わせは隠れた人気プランとなっています。シネマティックとエンドロールも2点セットで割引があり、
さらにスナップ写真も挙式から二次会までのプランは割引が入っていますので、ダブルで割引になります。
インタビューも料金内のシネマティックに当日のエンドロール、そして、メイクから挙式、披露宴、
さらに二次会までプロのフォトグラファーが撮影して総額259,600円は大変お得なプランです。

★商品ページはこちら → シネマティック・再入場エンド2点セット + 挙式〜披露宴〜二次会スナップ写真

 


グラム – プロフィール|¥32,800+税

・人気のポイント・
カジュアルな雰囲気で、楽しく盛り上がりたいカップルにグラムは大変人気です。映像内容も手作りでは難しいスタイリッシュさが好評です。
プロフィールムービーに一番釘付けになるのは、ご両親です。お二人の小さい頃の写真に、ご両親も泣いたり笑ったり、楽しんでいただけます。

★商品ページはこちら → グラム – プロフィール


スナップ写真・挙式エンド 2点セット + プロフィール|¥159,600+税

・人気のポイント・
お金は節約しながら、ゲストに感謝の気持ちを込めたエンドロールやプロフィール映像も上映したいし、
当日の様子はビデオは難しくても、スナップ写真はしっかり残したいという花嫁を中心に人気です。3点で税込17万円と非常にお手頃な価格となっています。
このプランを軸に、単品にするか、さらにエンドロール等を再入場タイプにするかを迷われるお客様が非常に多いです。

★商品ページはこちら → スナップ写真・挙式エンド2点セット + プロフィールムービー


 

n9_01

挙式〜披露宴 結婚式ビデオ|¥129,800+税

・人気のポイント・
記録映像は淡々としていて長くてつまらないという印象をお持ちの方が多いビデオアイテムですが、記録ビデオを購入した方は口を揃えて「記録ビデオを撮っておいて良かった」とおっしゃいます。
結婚式当日に限って言えば、演出映像(プロフィールやエンドロール)は大変魅力的な商品ですが、結婚式後に価値が高まるのは圧倒的に「記録ビデオ」です。
当店としても記録ビデオを残されることを一番におすすめしております。

★商品ページはこちら → 挙式〜披露宴 結婚式ビデオ


挙式〜披露宴 スナップ写真|¥76,800+税

・人気のポイント・
当店のスナップ写真は、メイクルームでのお支度や、教会、ロケーションでのイメージ写真もしっかり撮影し、挙式本番や披露宴中はお二人やゲストの自然な表情や様子をたくさん残す点が好評です。
また、当店のフォトプランはアルバム注文が必須ではないため、データのみで保管することはもちろん、アルバムは挙式後に他社も含めゆっくり再検討することができるのも人気の理由です。

★商品ページはこちら → 挙式〜披露宴 スナップ写真


トップ10ランキングは以上です。

大人気の撮って出しエンドロール、手作りするかを迷うプロフィールムービー、後日ゆっくり振り返るための記録ビデオやシネマティックといったスペシャルビデオ等、様々なアイテムがあってどのアイテムが二人が求めている映像なのか分からないときは、お気軽にご相談ください。

資料請求ボタン

商品やご予約状況に関するお問い合わせは、お電話(お客様窓口:03-6454-4276)でも承っております。


case_info1

Read More

Endroll & Profile Movie BGM PLAYLIST

持ち込みカメラマンの撮って出しエンドロールBGM

BGMプレイリストについて

当店では、エンドロールとプロフィールムービーに挿入する楽曲をお客様から持ち込みいただく方法と、当リストからお選びいただく方法の2通りをご用意しています。

プロフィールムービーや撮って出しエンドロールを会場へ持ち込む際、会場より動画に挿入されるBGMの著作確認や著作申請に取り決めがある場合があります。そういった場合には、こちらのプレイリストからBGMをお選びください。

リストアップされた楽曲については、当店がBGM著作権の許諾申請を代行する楽曲となっています。この中からお選びいただいたBGMについては、当日演出(上映映像)として問題なくご利用いただけます。


※ BGMプレイリストは新しい楽曲の追加、および入れ替えをすることがあります。

※ プレイリスト内の楽曲を使用される場合のBGM利用料はかかりません。


リストは「A – 男性ボーカル」「B – 女性ボーカル」の2つに分かれています。

「★エンドロールにオススメ★」のラベルは、メロディーの抑揚がしっかりしていてフィナーレ感のある音楽に付けています。

商品をお申込みいただいたの後、二人でゆっくりBGMをお選びください。楽曲が決まりましたら、BGM No.をスタッフまでお伝えください。

 

A – 男性ボーカル

 

No. A-01 − Moments Like This / The Afters

★エンドロールにオススメ★
テイスト : スイート
テンポ : ミディアム

 

No. 02 − There is a love / Grayson Kessenich

★エンドロールにオススメ★
テイスト : スイート
テンポ : ミディアムファスト

 

No. A-03 − Underneath This Sky / Cameron Ernst

★エンドロールにオススメ★
テイスト : スイート
テンポ : ミディアムファスト

 

No. A-04  − Home Away From Home / Canopy Climbers

★エンドロールにオススメ★
テイスト : グルーヴ
テンポ : ミディアム

 

No. A-05  − Right Here Right Now / Peter Schrupp

★エンドロールにオススメ★
テイスト : グルーヴ
テンポ : ミディアム

 

No. A-06 − Only Love / Tim Halperin

テイスト : ナチュラル
テンポ : ミディアムファスト

 

No. A-07 − Yours / Robert Shirey Kelly

テイスト : ナチュラル
テンポ : ミディアムファスト

 

No. A-08 − White Dress / Ben Rector

★エンドロールにオススメ★
テイスト : カジュアル
テンポ : ミディアムファスト

 

No. A-09 − Ready For Anything / Landon Austin

★エンドロールにオススメ★
テイスト : カジュアル
テンポ : ミディアムファスト

 

No. A-10 − Take Me Home / Mikey Wax

★エンドロールにオススメ★
テイスト : スイート
テンポ : ミディアムファスト

 

B – 女性ボーカル

No. B-01  − Silver / Shirock

★エンドロールにオススメ★
テイスト : グルーヴ
テンポ : ミディアム

 

No. B-02 − Gold / Marie Hines

テイスト : スイート
テンポ : ミディアム

 

No. B-03  − Come On, Let’s Go / Andrea Marie

テイスト : スイート
テンポ : ミディアムスロー

 

No. B-04 − I Get to Love You / Ruelle

★エンドロールにオススメ★
テイスト : スイート
テンポ : ミディアムスロー

 

No. B-05 − This Is Love feat. Marie Hines / Jake Etheridge

テイスト : ナチュラル
テンポ : ミディアムスロー

 

No. B-06  −The Perfect Gift / JJ Heller

★エンドロールにオススメ★
テイスト : ナチュラル
テンポ : ミディアムファスト

 

No. B-07  −Never Wanna Grow Up / Katrina Stone

★エンドロールにオススメ★
テイスト : カジュアル
テンポ : ミディアムファスト


カメラマン持ち込みのエンドロールやスナップ写真の割引

blog_ranking

case_info1

Read More

アンケート集【1】お客様の声をご紹介します

アンケートのご紹介

ココロスイッチではご利用いただいたお客様に挙式後、アンケートをお送りしています。
昨年の春以降寄せられた沢山のアンケートの中から、そのうちいくつかをご紹介します。
それぞれのアンケートの後に、店長からの一言もありますのでよろしかったら是非参考にしてくださいね。
アンケートをくださった皆様、末永くお幸せに!


2016年6月挙式 東京都 U様ご夫妻

挙式前は楽しく、挙式中は気づかないうちに自然と撮影してくださっていてとても良かったです。
親族や参列者がたくさん映っていて嬉しかったです。

商品:挙式エンドロール、Gram

|店長より一言|
ココロスイッチのカメラマンは、おふたりやゲストの自然な表情を収めていきます。
挙式前のメイクルームなどでは、できるだけリラックスいただけるようお声掛けさせて頂くことも多いのですが、
挙式中や披露宴では、できるだけ自然な表情を収めていくようにしています。そういう時の表情を後で見返すと、きっとご自身でも驚くくらい幸せそうなお顔をされていることと思います。


2016年5月挙式 東京都 N様ご夫妻

ココロスイッチさんは撮り方も編集もセンス抜群で、対応も素晴らしいです!!

商品:シネマティック+再入場エンドロール

|店長より一言|
結婚式で思った通りの撮影を行うためには、何よりも現場での経験が必要です。
ココロスイッチのカメラマンはほとんど毎週、結婚式の撮影を行いながらセンスを磨いています。


2016年8月挙式 東京都 T様ご夫妻

本当に本当に大満足です!撮って出しエンドロールをするにあたり数々のブライダル映像業者さんを比較検討してココロスイッチさんにお願いをしたのですが、間違いありませんでした!カメラワークの巧さはもちろん、編集もとても綺麗で、大変素敵なムービーに仕上げて下さいました。ゲストの皆さんをしっかり映してくださったのも嬉しかったです。

商品:再入場エンドロール

|店長より一言|
再入場エンドロールをお選びになる際に決め手となるのは、披露宴でのゲストの表情がよりたくさん入ることと伺いました。
多くのカップルが、エンドロールは「ゲストの方々と思いを共有するための映像」として捉えていらっしゃるようです。
その思いを叶えるためには、当日はおふたりだけでなく、みなさんの素敵な表情を逃さず撮影していく必要があります。


2016年8月挙式 神奈川県 K様ご夫妻

期待以上にオシャレな仕上がりで、センスの良いところにお願いできて本当に良かったと思っています。
エンドロールムービーもスナップ写真も、とても満足しています。オシャレなムービー、スナップ写真のおかげで結婚式が終わってからも幸せな余韻に浸れて最高です。
本当にありがとうございました。

商品:再入場エンドロール、スナップ撮影

|店長より一言|
「スナップ撮影と映像、どちらを残すのがいいですか?」というご質問を受けることがあります。
そんな時には「どちらも違う良さがあるので、できればどちらも残して欲しい。」とお答えしています。
とはいえ、ご予算のご都合もあると思いますので「どれがいい?」と迷われた際は、是非ご相談ください。


2016年8月挙式 大阪府 I様ご夫妻

記録ムービーも先日届き、頼んでいてよかったなと改めて思いました(^^)
仰っていた通り、見ることのできなかったシーンや、ゲストの表情などが垣間見れて嬉しかったです😊✨

商品:結婚式ビデオ+再入場エンドロール、Gram

|店長より一言|
結婚式ビデオは、挙式、披露宴のイベントを余すところなく撮影します。
それだけでなく、挙式、披露宴中のおふたりがいない場面でのゲストの様子なども収録しますので、当日見ることのできなかったシーンも映像で補って、より完全な1日の記録をお手元に残すことができます。


2016年9月挙式 東京都 N様ご夫妻

到着するまで約2か月ほど。毎日ポストを見ては「まだかな」と首を長くして待っていました。
期待しすぎないほうがいいのかな、なんて思ったのが間違い。最高の仕上がりに夫婦ともども大満足です。

商品:シネマティック+再入場エンドロール

|店長より一言|
シネマティックは挙式後60日以内の納品になります。
お待たせしてしまうのが心苦しいのですが、丁寧に編集して最良の形でお届けしますので、きっとご満足いただけるかと思います。


2016年9月挙式 東京都 S様ご夫妻

申し込みから最後まで、いつも迅速な対応をしてくださり、安心感がありました。
当日の撮って出しエンドロールも、記録ビデオも式場で頼む半分の額でお願いでき、かなりの節約にもなりましたし、何より内容が素晴らしかったです。
私たちやゲストの表情を絶妙な角度や雰囲気で残せていただいて、何度も見返してしまいます。
本当に頼んでよかったと夫婦共々感激しております。
ありがとうございました!!!

商品:結婚式ビデオ+再入場エンドロール

|店長より一言|
現実的なお話になってしまいますが、結婚式は本当にお金がかかりますよね。
だからこそ節約できるところは節約して、しかも妥協せず叶えられるのが一番ですよね。
ココロスイッチは、これからもお値段以上のご満足をお届けできるよう、精進していきます!


2016年10月挙式 東京都 N様ご夫妻

本当にお世話になりありがとうございました!
映像頼むか悩んでいたのですが、頼んで本当によかったです。むしろエンドロールだけにしたのを後悔しました。。今回のエンドロールは大切に見ていきたいと思います。

商品:再入場エンドロール

|店長より一言|
映像は写真に比べて普段の日常で馴染みがないので、手元に残すイメージが湧きづらいですよね。
そのため、「映像を頼んでも後で見ることはないのでは?」というようなご懸念を持たれる方も多いかと思います。
でも、もしご検討の余地があるようでしたら、是非エンドロールと合わせて「記録ビデオ」や「シネマティック」もご検討ください。


2016年10月挙式 埼玉県 A様ご夫妻

依頼させてもらいました品, 全て最高の出来でした!感動しました!
プロフィール写真の枚数,コメント文字制限数 をもう少しだけ増やせればと感じました。

商品:結婚式ビデオ+再入場エンドロール+Facile、スナップ撮影

|店長より一言|
ご意見頂いた中でも、特に写真枚数の追加についてはこれまでもたくさんのご要望をいただいておりました。
そのため、今年より「お写真の追加」と「BGM曲追加」についてはオプションで対応できるように改善させていただいております。
「お写真の追加」は+1枚につき500円+税、「BGM曲追加」は+2曲まで追加で2,800円+税で承っておりますので、ぜひご利用ください。


2016年12月挙式 東京都 H様ご夫妻

映像に関しては絶対後悔したくないポイントだったので、かなり悩みました。いろんな業者さんのHPを見ましたが、なかなかここだ!というところがなく、
たまたま同じ式場で結婚式された方のSNSでココロスイッチさんを知りました。その方の感想がとても良かったので、HP拝見したところとてもおしゃれなHPに好感を持ち、
映像も素敵でしたのですぐお願いすることにしました。
実際、お値段も良心的でクオリティも素晴らしかったです。エンドロールの音楽と映像との合わせ方がすごく好みでした。笑
ココロスイッチさんにお願いして良かったです。

商品:結婚式ビデオ+再入場エンドロール

|店長より一言|
映像についてはみなさん本当に悩まれています。
特に会場提携以外の業者に頼むとなれば、まず、「信用できるのか?」というご不安もあるかと思います。
ココロスイッチも今年6年目になり、経験も実績もあるのですがやはり一番信用できるのは実際のお客様の声や口コミかと思います。
映像に限った話ではありませんが、もし何かご不安を感じられるようなことがあったら、是非SNSを活用して先輩カップルに聞いてみてはいかがでしょう。
ところで、ココロスイッチをご利用頂いた方には紹介クーポンをお渡ししています。もしSNSで見つけたら是非コンタクト取ってみてください。ひょっとするとクーポンで得するなんてこともあるかもしれませんよ!?


いかがでしたか?
改めてアンケートを眺めてみると、みなさん色々悩まれていたんだなぁということがとても印象的でした。
そうやって悩んだ結果、ココロスイッチを選んでいただき、さらにご満足いただけたことは、本当に私たちにとってもありがたいことです。

これから結婚式を迎えられる方々も、映像だけでなくいろいろな段取りでたくさん悩まれているかと思いますが、そんな時はどんな些細なことでも結構ですので
是非お気軽にお電話いただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Read More

スナップ写真×エンドロール×結婚式ビデオ×プロフィール|YUKI & HITOMI WEDDING【12/11実例】

sum2

スナップのサンプル写真は掲載スペースの都合上、100枚程度を抜粋し掲載いたします

実際には、メイクから受付、挙式、ご披露宴、再入場時の各卓フォト、披露宴終了時のカラードレス2ショットイメージ撮影等々を含め500枚以上フォトデータを納品させて頂きました。

プロフィールムービー等は後日アップいたします。

 

エンドロールムービー

 

プロフィールムービー

 

スナップ

実例配置


YUKI & HITOMI WEDDING

ex05_2s

注文内容:挙式〜披露宴スナップ写真 + 挙式エンドロール + 結婚式ビデオ + プロフィールムービーGram

挙式様式:ホテル内挙式場/キリスト式

都道府県:千葉県

挙式会場:ヒルトン東京ベイ

スタイル:ナチュラル、ロイヤル、グリーン&イエロー、ホテルウェディング、リゾートウェディング

 


ホテル割引、仏滅割引、キャンペーン

エンドロール、プロフィール、記録ビデオ、スナッププレゼント

Read More

Instagram限定プレゼント企画 第2弾「ハッピーバレンタイン 」開催します!

Instagramバレンタインプレゼント企画

こんにちはMioです。当店で初めての試みとなったインスタイベント第1弾が大盛況のうちに終了いたしました。たくさんのご応募、本当にありがとうございました。

(初めての取り組みで応募が集まるか本当に心臓バクバクでした(๑˃̵ᴗ˂̵)و おかげさまで第2弾の開催となりました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ グッ !)

2月〜4月挙式の皆様より、igコメントにて沢山の喜びや応援の言葉をいただき、こんなにも喜んでいただけるのであらばということで、第2弾開催の運びとなりました!

1/28(土曜)より、5月、6月挙式向けInstagramイベントの開催です!花嫁花婿の皆様、ぜひご参加下さい(° ꈊ °)✧˖°オホッ!

エントリーは、当店公式Instagram上の該当pic(1/28投稿)よりお願いします。

プロフィールムービー、エンドロールムービープレゼント

公式Instagramはこちら → https://www.instagram.com/kokoro_switch/

 

プレゼント企画の概要

 

プレゼント内容

【A賞】再入場エンドロールムービー
【B賞】結婚式(挙式~披露宴)ビデオ
【C賞】プロフィールムービー
【D賞】結婚式(挙式~披露宴)スナップ写真 ※首都圏挙式のみ提供

抽選で2名様にお好きなアイテムを1つプレゼント🎁

 

応募資格

☑️ 次項の「応募方法」に記載のある要項を満たした方。
☑️ すでにご注文いただいた方でも、応募要項を満たした方は対象となります。当選商品分の代金は全額値引き致します。プレゼント当選目的のみの応募ももちろんOKです。
☑️ 5月挙式、6月挙式の方。

 

応募方法

【1】ココロスイッチのInstagramアカウント(@kokoro_switch)をフォロー。

【2】プレゼントpicをスクリーンショットし、❶欲しいプレゼント番号、❷挙式日、❸都道府県、❹エントリー時点でのご注文の有無(あり or なし)を記載し、指定ハッシュタグと共に自身のアカウントで投稿。リポストもOKです。

【3】投稿後、該当月のプレゼントpicに「プレゼント」とコメントをしていただき完了。

・指定ハッシュタグ・
@kokoro_switch
#ココロスイッチ

・補足・注意点・
⚠️都道府県は実際に挙式を行われる都道府県を明記ください。
⚠️リポストの場合も❶~❹の記載事項指定とハッシュタグを入力ください。
⚠️コメントで集計しますので、必ずプレゼントpicに「プレゼント」コメントをお願い致します。
⚠️ご自身のInstagramアカウントの公開設定は「公開」を推奨します。非公開の場合は当店からフォロー申請を致しますので、承認下さいませ。

 

応募期間と当選発表

応募期間:1月28日(土)〜2月12日(日)締切
当選発表:2月14日(火)バレンタインデー当選通知

 

当選連絡

ご当選者様には、当選発表日にInstagramのダイレクトメールにてご連絡いたします。

大変恐れ入りますが、当店からの当選通知メールから、3日以内にご連絡が取れない場合、別の方へ当選変更させていただきますので、予めご了承くださいませ。

 

プレゼントに関して

🎬 プレゼントAのエンドロールムービーは、通常のエンドロールと新作のLASHエンドロールをお選びいただけます。
🎬 プレゼントA、Bは下記の出張費用が発生する場合がございます。下記に記載のない都道府県は出張費無料です。
□5,000円+税:静岡|熊本
□10,000円+税:長野|山梨|長崎|大分|宮崎
□20,000円+税:広島|岡山|鳥取|島根|山口|香川|徳島|愛媛|高知
□青森、岩手、秋田、北海道、沖縄についてはお問合せください。
□無料エリアの場合も離島の方はお問合せください。
🎬 プレゼントCのプロフィールムービーは、ファシル・グラム・ルージュの3つの中からお選びいただけます。
🎬 プレゼントDのスナップ写真の出張無料エリアは 東京|千葉|埼玉|神奈川|大阪|京都|兵庫|奈良|滋賀|和歌山|福岡 です。その他のエリアの出張料金についてはお問い合わせください。

 

ココロスイッチより

第1弾に続き、第2弾でも副賞をご用意しました!

ささやかですが、当選しなかった方にもプレゼントがありますので、ぜひご応募ください。

 

副賞

A副賞:両親贈呈DVD2セット無料
B副賞:メイク撮影無料
C副賞:アマゾンギフト券 1,000円分贈呈
D副賞:両親贈呈データDVD2セット無料

副賞については、応募要件を満たし、かつご注文されたお客様全員が対象となります。当選者様には副賞のご提供はございません。あらかじめご了承くださいませ。

ご注文の際にスタッフへ、ご自身のInstagramアカウント名をお伝えください。

 

ぜひ、たくさんのご応募お待ちしています🙌 🎥

Read More

再入場エンドロールムービー|TAKAAKI & AIRI WEDDING【11/5実例】

実例ムービー

※こちらの撮って出しエンドロールムービーのサンプル動画は、配信用にBGMを変更しリメイクしています。


TAKAAKI & AIRI WEDDING

撮って出しエンドロールムービー実例のカップル写真

注文内容:再入場エンドロールムービー

挙式様式:ホテル内教会/キリスト式

都道府県:東京都

挙式会場:ハイアットリージェンシー東京

スタイル:ロイヤル、アンティーク、オーガニック、ゴールド、レッド&ライトピンク、グリーン、ネイビー、ホテルウェディング

 


blog_2017spcp

撮って出しエンドロール、記録撮影、プロフィール、スナップ写真

Read More

お申込み前の第一歩!『持ち込み』について知っておくべきこと

%e5%ae%ae%e8%84%87%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99

1.「持ち込み」って何?

結婚式にまつわる言葉で「持ち込み」ってご存知でしょうか?

普段馴染みのある言葉ではありませんし、式場との契約初期の段階ではあまり話には出てこないようですので、知らなくて当然とも言えます。

しかし、いざ自分達の好きなように段取りを進めようとすると、この「持ち込み」がネックになり頭を悩ますというケースもあるそうです。

では一体、「持ち込み」とはどういうものなのでしょうか。

実は「持ち込み」とは式場の提携する業者以外、例えば自分達で見つけたショップや業者に依頼して、その商品やサービスを当日の結婚式で取り入れることを言います。

つまり式場の外から式場内に持ち込むという意味が含まれているのです。

 

2.「持ち込み料」や「持ち込みNG」があるのはなぜ?

式場に自分達で選んだアイテムやサービスを持ち込もうとすると、「持ち込み料」として費用が掛かったり、式場によってはそもそも持ち込みはNGというところもあります。

では、なぜ持ち込みに対してこのようなハードルがあるのでしょうか。

結婚式場にはドレス、装花、演出、引き出物、写真、ビデオなど結婚式に必要なものが当然一通り揃っていますが、それらは式場の運営会社が直接仕入れたり、専門の人を雇ってサービスを提供しているわけではありません。

もちろん中には一部自社で行っているところもありますが、ほとんどは式場と提携を結んだ別の専門会社がその商品やサービスを提供しています。つまり装花なら装花専門、写真なら写真専門の提携会社が会場内に存在しているのです。

そのため、式場で頼まずに持ち込んだ場合、当然その分、提携会社の利益は無くなりますし、式場も提携会社の商品には手数料を乗せて販売していることが殆どですので、式場の利益も無くなってしまいます。

そういう利害関係から「持ち込み料」や「持ち込みNG」が設定されているというのは1つの理由としてあるでしょう。

また、別の理由としては、そもそも結婚式場は、その式場のブランディングであったり、結婚式当日の施行の安全性を確保するために提携会社と関係を結んでいるということがあると思います。

結婚式場にはそれぞれのコンセプトがあり、そのコンセプトに沿ったサービスが提供できるか、また、当日の結婚式を滞りなくできるだけのスタッフ、人員がいるかといった要素など、様々な要素の検討を経て、提携会社を選定しているはずです。そしてその提携会社と常にチームを組んで自分たちでベストな結婚式を提供しているという自負もあるでしょう。

提携会社との関係や、チームとしてのこれまでの取り組みや、スムーズな連携システム構築のコストを考えると「持ち込み料」はそのシステムを使わないで、外部のスタッフやモノを使ったり、ケアするための手数料という言い分も考えられるかと思います。また「持ち込みNG」には自分たちが提供する結婚式こそがベストという会場の思いがあるかもしれません。

※余談ですが、このような会場のブランディング重視や、規格パッケージングされた結婚式の提供方法に対抗するカウンターとして、二人で好きなようなスタイルでやる「持ち込みOK」のオリジナルウェディングの流れがあります。

ここまでで誤解のないようにしたいのですが、私たちは「持ち込み料」や「持ち込みNG」の考えを支持するわけではありません。

ここで述べたいことは「持ち込み料」や「持ち込みNG」の是非ではなく、まずはプランナーとの相談にあたって事情をわかった上で臨んだ方がいいということです。

後でも述べますが、これらの事情を知っていれば、どういう風に相談すれば良いかを決める材料にもなってきますし、打ち合わせで腹を立てて、プランナーと気まずい関係になったりせずに済むかもしれません。

 

3.持ち込みに対する式場の対応パターン

では、ここからは写真とビデオの持ち込みに絞って話を進めたいと思います。

写真やビデオの持ち込みに対しての式場の対応は、大きく分けて次の3パターンがあります。

1)持ち込みOK。持ち込み料金設定も無し。

2)持ち込みOK。持ち込み料金設定あり。

3)持ち込みNG。

この基本の3つのパターンを押さえて頂き、いよいよ次からはそれぞれのパターン別の手順をお話ししていきます。

 

4.持ち込みを叶える手順とは?

まずは自分たちの式場の持ち込み事情を調べよう!

まずは式場との契約書類を用意して、持ち込みについての項目を確認してみましょう。またネットで検索してみると過去の経験者の投稿などが見つかる場合もあるようです。

前に述べた、持ち込みに対する3つのパターンのどれに当てはまるか大体わかるのではないでしょうか。

パターン別|プランナーとの持ち込み相談

調べた結果、どのパターンかわかったら次は相談方法を確認しましょう。

1)「持ち込みOK。持ち込み料金設定も無し。」の場合
この場合は簡単です!プランナーに「持ち込みたい!」と伝えれば大丈夫。
ただし、この場合でも写真、ビデオの撮影条件に制約がないかどうかは念のため確認しましょう。持ち込みOKでも例えば「メイクルームの撮影はNG」とか「挙式中はゲスト席から撮影」などお二人のイメージに沿ったものができるかどうかに当てはめて確認してみてください。

2)「持ち込みOK。持ち込み料金設定あり。」の場合
この場合、持ち込むことはクリアになっても、お二人にとって問題になるのは持ち込み料金でしょう。持ち込み料金の設定は会場によって様々です。

例えば、「カメラマン1名につき●万円」のようにスタッフ人数によって料金が設定されている場合や、「記録ビデオ持ち込み●万円」「スナップ撮影持ち込み●万円」のように商品によって設定されている場合もあるようです。

またエンドロールの場合は編集者用の「部屋代」やプロジェクター使用料が掛かるケースがあるので、漏れなく確認すようにしましょう。

3)「持ち込みNG」の場合
では、一番ハードルの高い「持ち込みNG」の場合ではどうでしょう。

この場合、撮影が可能になる条件はほぼ一つのみで、「友人(知人)に撮ってもらう」ということです。実際の相談の手順を説明します。

まずは前に述べたように、なぜ「持ち込みNG」なのかということを思い出してください。「持ち込み」に対してプランナーには許容しえない理由と心構えがあるはずです。そのため「持ち込みたい」という方向で相談しても頑なに断られてしまうケースが殆どです。ですので例えば、「会場に頼めない理由がある。けど実現させたい」という方向で話す方が良いかと思います。

一例ですが、次のような感じでしょうか。

(1)「式場のエンドロールを十分検討したが、クオリティ(テイスト)が自分たちには合わない。」「納得いかないのでその価格は出せない。」

(2)「それを会社の先輩に相談したら、知人で映像に詳しい人を紹介してくれた。」
「仕事関係の知人で映像に詳しい人がいる。」

(3)「式場のエンドロールは頼めないが、なんとかエンドロールは流したい。」
「その知人にできる範囲のエンドロールを作ってもらおうと思う。」

(4)「その知人に出席してもらって作ってもらうのが自分たちにはベストだ」
「あきらめたくないので、なんとか協力してほしい。」

あくまで、これは一例ですが、実際この方法でビデオ撮影を行った方もいるようです。

もし、これでOKが出るようならば、撮影についての制約などを確認しましょう。

おそらく知人が出席者として撮影する場合は、挙式中はゲスト席からの撮影などの制約条件が出るかもしれません。

このあたりの条件がおふたり的に許容できるかどうか、撮ってもらう場面をイメージして検討するのも良いでしょう。

 

5.最後に

いかがでしたか?

あくまで、ここで紹介した持ち込みに対する事情や相談方法は一例にすぎません。それぞれの会場やプランナーによって対応も様々かと思いますし、相談の仕方もその分変わってくるかと思います。

そのためにも、前もって持ち込みについての事情や状況を調べ、十分相談して、おふたりの納得いく結婚式が出来るよう頑張ってください!
そして、ご不安があったり、悩むような時は、ココロスイッチにまずはご連絡くださいね!

 

Read More

Instagram限定プレゼント企画「Thank You 2016」開催します!

igcp2016

こんにちはMioです。東京は11月に54年ぶりの雪が降りました〜⛄️サムカッタ 今年も気がつけばあと1ヶ月ですね。

当店では2016年の感謝の気持ちを込めて、豪華商品が当たるプレゼントイベント「Thank You 2016」を、11/26(日)から開催いたします。

ココロスイッチ初となるInstagramイベントです!花嫁花婿の皆様、ぜひご参加下さい(° ꈊ °)✧˖°オホッ!

2月挙式、3月挙式、4月挙式とpicが分かれていますので、該当picよりエントリーお願いします。

撮って出しエンドロール、記録撮影、プロフィール、スナップ写真

撮って出しエンドロール、記録撮影、プロフィール、スナップ写真

ig_pre4

公式Instagramはこちら → https://www.instagram.com/kokoro_switch/

 

プレゼント企画の概要

 

プレゼント内容

【A賞】再入場エンドロールムービー
【B賞】結婚式(挙式~披露宴)ビデオ
【C賞】プロフィールムービー
【D賞】結婚式(挙式~披露宴)スナップ写真 ※首都圏挙式のみ提供

抽選で各月2名様にお好きなアイテムを1つプレゼント🎁

 

応募資格

☑️ 次項の「応募方法」に記載のある要項を満たした方。
☑️ すでにご注文いただいた方でも、応募要項を満たした方は対象となります。当選商品分の代金は全額値引き致します。プレゼント当選目的のみの応募ももちろんOKです。
☑️ 2月挙式、3月挙式、4月挙式の方。尚、対象月によって、応募締切は異なりますので、詳しくは「応募期間」をご確認ください。

 

応募方法

【1】ココロスイッチのInstagramアカウント(@kokoro_switch)をフォロー。

【2】プレゼントpicをスクリーンショットし、❶欲しいプレゼント番号、❷挙式日、❸都道府県、❹エントリー時点でのご注文の有無(あり or なし)を記載し、指定ハッシュタグと共に自身のアカウントで投稿。リポストもOKです。

【3】投稿後、該当月のプレゼントpicに「プレゼント」とコメントをしていただき完了。

・指定ハッシュタグ・
@kokoro_switch
#ココロスイッチ

・補足・注意点・
⚠️都道府県は実際に挙式を行われる都道府県を明記ください。
⚠️リポストの場合も❶~❹の記載事項指定とハッシュタグを入力ください。
⚠️コメントで集計しますので、必ずプレゼントpicに「プレゼント」コメントをお願い致します。
⚠️ご自身のInstagramアカウントの公開設定は「公開」を推奨します。非公開の場合は当店からフォロー申請を致しますので、承認下さいませ。
⚠️2月挙式、3月挙式、4月挙式、それぞれ該当するpicからエントリーをお願いします。

 

応募期間

2月挙式の方
2016年12月18日(日)締切、12/25当選通知

3月挙式の方
2016年12月25日(日)締切、12/31当選通知

4月挙式の方
2017年1月15日(日)締切、1/21当選通知

 

当選連絡

ご当選者様には締切後、一週間程度でInstagramのダイレクトメールにてご連絡いたします。

大変恐れ入りますが、当店からの当選通知メールから、3日以内にご連絡が取れない場合、別の方へ当選変更させていただきますので、予めご了承くださいませ。

 

プレゼントに関して

🎬 プレゼントA、Bは下記の出張費用が発生する場合がございます。下記に記載のない都道府県は出張費無料です。
□5,000円+税:静岡|熊本
□10,000円+税:長野|山梨|長崎|大分|宮崎
□20,000円+税:広島|岡山|鳥取|島根|山口|香川|徳島|愛媛|高知
□青森、岩手、秋田、北海道、沖縄についてはお問合せください。
□無料エリアの場合も離島の方はお問合せください。
🎬 プレゼントCのプロフィールムービーは、ファシル・グラム・ルージュの3つの中からお選びいただけます。
🎬 プレゼントDのスナップ写真については、首都圏のみ提供可能なアイテムとなっております。

 

ココロスイッチより

やっと私の念願だったigプレゼント企画が実現しました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ グッ !
当店でも初めてのigイベントでドキドキしています💘┣¨キ┣¨キ*
人気アイテムから当店おすすめアイテムまでプレゼント対象にしましので、当たれば超超ラッキーです(๑˃́ꇴ˂̀๑)

そ・し・て、もう一つお得な情報があります。
この企画を店長に提案した際に、注文した方についてはもれなく参加賞を提供しようという案が飛び出し、なんとなんと、参加賞(副賞)が追加されました!店長~Ʊ”-ʓ(;´༎ຶД༎ຶ`)Ʊ”-ʓ 嬉シ泣キ

 

副賞

A副賞:両親贈呈DVD2セット無料
B副賞:メイク撮影無料
C副賞:アマゾンギフト券 1,000円分贈呈
D副賞:両親贈呈データDVD2セット無料

副賞については、応募要件を満たし、かつご注文されたお客様全員が対象となります。当選者様には副賞のご提供はございません。あらかじめご了承くださいませ。

ご注文の際にスタッフへ、ご自身のInstagramアカウント名をお伝えください。

 

ぜひ、たくさんのご応募お待ちしています🙌 🎥

Read More

Summer Festa 〜8/31|サマーフェスタ開催と期間限定クーポンのお知らせ

blog_sf

こんにちはココロスイッチのMioです。

沖縄はそろそろ梅雨明けするとかしないとか。今年はとっても暑い夏になりそうですね。

ココロスイッチでは本日から8/31までの間、サマーフェスタを開催いたします♪

サマーフェスタのメインイベントはこちらの4つです。

1.新作ウェルカムボード発売

2.写真撮影サービスプレオープン

3.撮って出しエンドロール特典

4.ウェルカムボード発売記念特典

ココロスイッチ初となる映像以外の商品リリースが2つもあります!

そして、さらに8/31までにお申し込みをした方すべてが対象となる限定クーポンも2つ配布します!!

もう少し詳しくそれぞれのイベントをご説明いたします。

 

1.新作ウェルカムボード発売

この度、当店では黒板ウェルカムボードの発売をスタートしました。新発売のウェルカムボードは印刷機等で仕上げるタイプの商品ではなく、チョークアーティストが一つ一つ、黒板に手書きで仕上げていく、オーダーメイド商品となっています。

IMG_9651_02

トレンドのボタニカルスタイルやニューヨークテイストにもマッチする、手書きだからこそ実現できるオリジナルウェルカムボードがお求めいただけます。

黒板ウェルカムボードについては、すでに商品ページも公開していますので、そちらもあわせてご確認ください。また、こちらの新作ニュース記事もぜひ、ご参考ください。

 

2.写真撮影サービスプレオープン

今まで一番ご要望の多かった、結婚式の写真撮影(スナップ撮影)サービスをココロスイッチにご依頼いただけるよう、現在最終準備を進めております。

現時点ではまだショップページ等に細かい商品概要等が掲載できませんが、秋シーズンの本格販売の前に、プレオープン販売を展開いたします。

現在プレオープン期間中に撮影のご注文を頂けるお客様を、5組〜10組様程度(※東京、神奈川、千葉、埼玉での挙式に限る)募集しております。プレオープン期間中は正式オープン時よりも割安価格で写真撮影をさせていただきます。

下記が、納品カット数と価格一覧になりますので、ご興味がある方はぜひ、コンタクトフォームもしくは電話(お客様窓口:03-6454-4276)にてお問い合わせください。

 

写真撮影プラン プレオープン価格表

挙式〜披露宴撮影|¥65,000-(税抜) 350カット以上保証

挙式〜披露宴〜二次会撮影|¥98,000-(税抜) 500カット以上保証

披露宴のみ撮影|¥55,000-(税抜) 200カット以上保証

二次会のみ撮影|¥38,000-(税抜) 150カット以上保証

 

どのプランも、DVDディスクによるデータ納品となります。納期は挙式後20日〜30日程度となっております。撮影&データ納品のほか、アルバム製本も承っております。詳しくはお問い合わせください。

 

3.撮って出しエンドロール特典

サマーフェスタ第1弾の限定クーポンは「エンドロール両親贈呈DVD2セットプレゼント」です☆

8月31日までに撮って出しエンドロールをご注文頂いたお客様に、ご両親様への贈呈用DVDを2セット(税込10,368円相当)お付けします♪

ご注文頂いた全てのお客様が対象となりますので、7月、8月挙式のカップルはもちろん、秋シーズンに挙式するカップルも対象となります。

詳しくは、こちらの「サマーフェスタエンドロール特典」ページでご確認ください。

cover_sf001

 

4.ウェルカムボード発売記念特典

サマーフェスタ第2弾の限定クーポンは「ウェルカムボード発売記念特典」です☆

プロフィールムービーを含む商品とウェルカムボードをご注文頂いたお客様に通常¥12,800のウェルカムボードを¥7,800に割引いたします♪

第1弾クーポンと同じく、8/31までにご注文頂いた全てのお客様が対象となりますので、7月、8月挙式のカップルはもちろん、秋シーズンに挙式するカップルも対象となります。

詳しくは、こちらの「ウェルカムボード発売記念特典」ページでご確認ください。

cover_sf002

 

以上、サマーフェスタと期間限定クーポンのお知らせでした。

それでは、夏バテしないようお気をつけください。サマフェス期間中にも暑さがふっ飛んじゃう耳寄り情報を配信していきますっ!


case_info1

howmuch

blog_board

Read More

【プレ花嫁必見】スマホの無料アプリでオープニングとプロフィールムービーの手作りに挑戦|第三部|

blog_diy5

結婚式向けオープニング手作り企画の最終章となる第三部では、いよいよスマホアプリを使った具体的な映像制作手順の説明に入ります!


1.手順確認とアプリの役割分担


第二部で記載した「作業手順」をおさらいしてみましょう。

 

作業手順

♯1 [パーツ集め]写真を集める。写真をスキャンしスマホに読み込む。

2 [設計書作り]曲を選ぶ。曲のメロディーに沿って、写真の順番、テロップの内容、時間の割り振りを決める。

3 [パーツ加工」写真の補正加工をする。フォトコラージュをする。デザイン文字を入れる。

4 [動画の編集]素材並べと時間調整、アニメーション付け、テロップ入れをする。

5 [動画書出し]完成した動画を書き出す。

6 [上映の準備]DVD化する。SNSにアップロードする。

 

第二部では、上記の手順の「#️2 設計書作り」まで進めました。

第三部からは♯3〜♯5の工程をSnapseedMOLDIVPhontoFilmStoryの4アプリを使って作業していきます。

 

それぞれのアプリは工程毎に使い分けをし、下記の順番で作業します。

 

アプリの役割分担

[♯3 パーツ加工]

3.1 Snapseed → 写真補正

3.2 MOLDIV → フォトコラージュ

3.3 Phonto → デザイン文字の挿入

 

[♯4 動画編集]

4.1 FilmStory → 画像並べ、画像アニメーション、字幕文字の挿入、BGM挿入

 

[♯5 動画書出し]

5.1 FilmStory → 完成動画の書き出し

 

なぜ4つもアプリを使う必要があるのだろう…?と疑問に持つ方がいらっしゃると思いますので、それぞれの操作説明に入る前に、各スマートフォンアプリの特性や使い分けのポイントを簡単に説明します。


2.アプリの使い分け


使い分ける理由を端的に説明しますと、4つのアプリはそれぞれ得意な加工や、専門とする処理が違うため、作業工程毎に最適なアプリを使い分けています。

一番分かりやすい違いですと、FilmStoryでは動画を作成することができますが、それ以外のアプリでは動画を作成することはできません。

しかし、写真補正や加工の作業は、4つのアプリ全てで行うことができます。ではなぜ、写真補正にわざわざSnapseedを取り入れたかは、このあと説明いたします。

アプリの使い分けについては第一部の結論としても取り上げたことですが、どこまでこだわるかによって、極論FilmStoryのみでも動画を作ることはできますし、こだわりどころによって、もう1つ、2つ別のアプリを組み合わせてもらっても良いです。

どのようなこだわりの時に、どのアプリを使うべきかはこの次にアプリ毎の特性を解説しますので、ご自身のこだわりどころにマッチしたアプリをお使いください。


3.各アプリの特徴


写真補正[Snapseed]

Google社からリリースされているSnapseedの一番の特徴は、一度加工した編集データを後からもう一度編集できるところです。

「え、そんなこと?おしゃれな写真加工ができるからとかじゃなくて?」と思われるかもしれませんが、第一部の結論でも度々触れていますが、スマホでの長時間作業や反復作業は多ければ多いほどきつい作業になってきます。

実験企画に取り組むにあたり、筆者が比較した写真補正アプリを先にご紹介しますと、Rookie Cam、Latte camera、Lumieなどがあります。デコレーションや美肌などの加工機能でいえば、Snapseedより優れている面もあります。写真の加工や飾り、デコレーションにこだわりたいという方は、これらのアプリを使ってみても良いと思います。

今回筆者は、コラージュアプリを複数検証した結果、最終的にデザイン表現を重視してMOLDIVとPhontoに決定しました。しかしMOLDIVとPhontoは過去に作成した画像の編集データは残すことはできず、FilmStoryでの動画編集に入った後、いくつかコラージュ画像を修正したいと思っても、ゼロから作り直すことになるため、あえてMOLDIVやPhonto内での写真補正はしないという手段をとりました。

もし、使うアプリを減らすために、MOLDIVで画像レイアウトしながら写真補正をしていたり、Phontoで文字入れをしながら写真補正を行う判断をした場合は、コラージュを修正するたびに写真補正も繰り返し行うことになりますので、その点はご注意ください。

ちなみに、写真の加工具合をどこまでこだわるかにもよりますが、2つのコラージュアプリよりも写真補正専門のSnapseedの方が圧倒的に高機能で、細かい調整が可能です。

最後にもう1つだけ付け加えますと、この写真補正については普段使い慣れているフォト加工アプリがあればそちらを使われる方が良いと思います。動画編集に入ったあとで、もし修正したいとなった場合には都度一からやり直しになることを覚悟すれば、使い慣れていたり、補正具合が気に入っているアプリで作成した方が、不慣れなSnapseedを使うよりも気持ち良く作業が進められると思います。


フォトコラージュ[MOLDIV]

まず、そもそも次に説明する文字挿入アプリPhontoとなぜ2つも使ったのかということについてですが、MOLDIVはコラージュ画像を作成するのは得意だが、文字組みの機能は弱いことが一番の理由になります。一方Phontoは、文字組み機能は大変強力ですが、コラージュ画像を作成することが根本的にできません。今回筆者は文字まわりのデザインにこだわりたかったため、アプリを使い分けざるを得ませんでした。

MOLDIVはコラージュ画像作成に特化しているため、コラージュ画像を作るときには非常に高機能で、沢山のテンプレートも用意されています。また、詳しくは後ほど解説しますが、フルHDの画面比率である16:9の画面比率を正確に設定できる機能があるところも、筆者がMOLDIVを選んだポイントとなりました。

今回筆者がコラージュ画像制作で機能比較したアプリにInstaMagがありますが、InstaMagも非常におしゃれなコラージュ画像を作成することができますが、InstaMagは例えば3枚を挿入する必要があるコラージュのレイアウトテンプレートを選んだとして、必ず3枚の写真を設定しないと完成画像の保存ができない仕様になっています。しかしMOLDIVは、1枚だけ写真設置した画像でも保存ができるため、あとから文字を入れることを考慮して、あえて空きスペースのあるコラージュ画像を作成するときに、この仕組みがあるMOLDIVの方が筆者としては都合が良かったという面もあります。


デザイン文字の挿入[Phonto]

コラージュ画像制作でPhontoとMOLDIVを使い分けた理由は先ほど説明した通り、Phontoは文字間や行間の調整、カーソルによる位置移動、和文書体を含め多数のフォント収録というように、文字まわりのデザインにこだわりたい時に必須となる機能が充実しているため、筆者はコラージュ作業と文字入れ作業を別々のアプリで行いました。

Phontoで一番驚いたのは「スタイル」の「カーブ」という設定項目があり、カーブの数値を調整すると文章が弧を描いたようにできます。この機能は今回のムービー制作で一箇所しか使いませんでしたが、今っぽいおしゃれな文字レイアウトができるので、Phontoはとってもオススメです。


動画編集全般[FilmStory]

動画編集にFilmStoryを選んだ一番のポイントは、無料で30秒以上のフルHDムービー制作ができる機能を持っているところです。

ただし、無料で作成したムービーを保存できる回数には制限があり、無料保存は3回までです。(2016.6.2時点)

FilmStoryの無料版は本来30秒までのムービーしか保存できません。プロ版(プロ版 480円/2016.6.2時点)では、30秒以上のムービーを保存することが可能になることの他、アプリ名のクレジット(透かしロゴ)も消すことができます。

今回筆者は、動画編集アプリの選定する際、AnimotoとMagistoというアプリの無料版も試してみましが、Animotoは20個しか素材を挿入できませんし、そもそも無料では完成したムービーを端末に保存でないようです。Magistoの方も1分15秒までのムービーしか作成できません。これら2つのアプリにFilmStoryのような3回だけ機能制限が解除されるようなお試しチケットもありません。よって、結果的にFilmStoryにはなりましたが、操作性も他の2つのアプリと比べてもFilmStoryは良かったです。

ちなみに、おしゃれなエフェクト(視覚効果)やデザイン表現のムービーを作りたいと思えば、AnimotoやMagistoの方が開発元が海外ということもあり、おしゃれな仕上がりが期待できると思いますし、細かいな調整もできますので高性能で機能面は優れています。第一部で触れたような「映像面の細部への追求」をしたい方は、これらのアプリの方が向いていると思います。

ただし、上記のように素材枚数の制限を超えたり、尺の長いものを作成したいと思えば、AnimotoもMagistoもプロ版購入が必要となります。それぞれ月額と年額のプロ版プランがあります。詳しくは公式ページ等でご確認ください。また、Animotoの場合はモバイル版以外にもWeb版もあり、ウェブブラウザ上で映像編集ができるサービスもリリースしていますので、PCがある方はWeb版を検討されても良いと思います。

実は筆者はAnimotoとMagistoのプロ版の料金がそこそこ高かったので、これならiPhoneアプリのiMovieを600円で購入した方が良いのではないかと思い、久々にiPhoneのiMovieを触ってみたりもしました。正直なところ、AnimotoやMagisto、iMovieといった高性能のアプリを購入したとして、操作が複雑でスマホでやる気がしないというのが本音です。このような高性能なアプリを使うなら、むしろPC作業に切り替えないとまだまだスマホでの込み入った動画編集は厳しいなという印象でした。


もし今回の実験企画を読んでいただき、筆者と同じアプリで作成するという方に改めて、活用する機能をまとめますと、Snapseedのデータ再編集機能、MOLDIVの16:9画像作成機能、Phontoの充実した文字調整機能、FilmStoryのお試しチケット機能、この機能を駆使してムービー制作を行ってください!


4.写真補正の方法


Snapseedで写真補正を行う方法については、おそらく皆さんもInstagramやFacebook等でやり慣れている方も多いかと思いますし、簡単な解説にとどめさせていただきます。

こちらの画像がSnapseedの基本画面です。

GUI01

まず、今回の実験企画で色補正、写真加工というようなワードを度々使っていますが、それらのワードの意味は基本的な色調整をすることであり、雰囲気をよりアップさせるためのフィルタやエフェクト加工をさしている訳ではありません。

特に昔の写真をスキャニングしたような場合は、写真自体が経年劣化で黄ばんでしまっていたり、スキャニングの影響で画像がぼんやり(輪郭が甘くなる)してしまったりすることがありますが、そのようなある種、問題を抱えた画像を適正な画像に補正することを「色補正」「写真加工」とこの実験企画では言っています。

 

3 ツール画面

まずは「3 ツール画面」の上部の「色補正ツール」を駆使して適正な写真画像を作成していきましょう。その上で、作成したいオープニングのイメージやテーマに沿った、個性的な雰囲気の写真画像作成をしていきましょう。


では、いくつか基本的な色補正ツールを使ってみたいと思います。筆者が色補正で基本的に使用する「ディテール」「画像調整」「切り抜き」の3つを解説したします。

GUI002

4 ディテール調整

ディテール調整には、質感を強くする「ストラクチャ」と輪郭を強くする「シャープ」の項目があります。写真の状況によりますが、シャープを設定することで、少しぼやっとしてる写真の輪郭をシャキッと引き立たせることができます。ディテール調整は必ずする必要はなく、必要なものだけで良いです。

実際に操作すると分かりますが、ストラクチャでもシャキとはします。写真によってシャープで調整するか、ストラクチャで調整するかは変わってきますが、基本的にはまずシャープだけで調整し、それでもまだぼやっと、あまい感じがする時はストラクチャーを更に付け加えるという使い方が良いと思います。

どちらか一方で調整するにしても、両方使って調整する場合でも元々の写真画像のデータそのものが荒い(画素数が低い、画質ノイズがある)場合は、画像自体の荒さがより引き立つことにもなりますので、極端なディテール設定をした際はきちんとツール適用後の画像が荒々しくなってないかをご確認ください。


5 画像調整

他の補正アプリでもおなじみの調整項目がSnapseedでもずらりとならんでいます。写真に対して、適切な色補正をこの画像調整で行います。適正な写真補正等に詳しくないという方は、画面下のスティックアイコンのような「自動調整ボタン」をタップするだけで、自動的に補正する機能もありますので、試してみてください。


6 切り抜き

写真の縁の余分なところを切り取ったり、縦型の写真の一部から横向きの切り出し(トリミングといいます)たりする時に切り抜きツールを使います。注意点としては、余白を少し削るぐらいであれば問題ないと思いますが、トリミングで一部分を繰り出す時には、切り出し後の画像サイズが小さくなりますので、横方向のピクセル数が1500ピクセル以上残っているかをご確認ください。


色補正については以上ですが、例えば細かくピンポイントで顔のところだけ明るくしたい、写真の傷や肌のシワを補正したいというようなときは「部分調整」「シミ除去」「ブラシ」等のツールを使って細部の補正をすることも可能です。ただし、大きな傷や根本的に暗すぎたり、明るすぎたりする箇所は補正しきれないこともあります。まずは基本となる画像調整ツールを含め、いろいろなツールを試してみてください。

 

次に、参考までに一つだけ雰囲気をアップするためのフィルタ処理と、補正画像の保存方法、そして保存した画像の再編集の方法を解説します。

GUI03

7 フィルタ処理

雰囲気をアップさせるためのフィルタもSnapseedは充実しています。今回は参考例として1つだけ紹介します。ふわっと華やかな印象にする「グラマーグローフィルタ」の設定画面ですが、基本的にはどのフィルタも画面下部にテンプレートが用意されていますので、そのテンプレートの中からイメージに近いものを選んで、あとは細かい設定を指で上下にスワイプして調整メニューを呼び出して微調整するやり方が良いと思います。


8 保存画面

画面上部のメインメニューの「保存」をクリックすると保存メニューが表示されます。保存メニューの「保存」か「コピーを保存」のどちらかを選択します。このどちらかで保存しないと、後々もう一度編集内容を調整したいと思っても調整はできません。

「保存」は最初に開いたオリジナル画像に編集内容を上書き保存します。「コピーを保存」はオリジナル画像には編集内容を保存せず、ファイルを複製してそのファイルに編集内容を保存します。いわゆる別名保存のような機能という理解で良いと思います。


9 再編集画面

再び編集したいときには、まずSnapseedを起動し、編集内容を保存した写真ファイルを読み込みます。そうして、読み込んだ画面の上部に数字(この数字は使用したツールの数です)が入っているボタンがあると思いますが、それをクリックするとその画像に適用したツールが画面右下から表示されます。この表示されたメニューから、修正したい内容を選択して再調整します。この後から再編集できる機能は本当に便利です。

 

写真補正アプリSnapseedの操作解説は以上です。それでは次に補正した画像をレイアウトするフォトコラージュの解説に入ります。


5.フォトコラージュの方法


フォトコラージュについては先にサンプル画像をご覧ください。こちらの画像を作成する手順を中心に解説いたします。

Processed with MOLDIV

[フォトコラージュのサンプル画像]

 

では、早速MOLDIVの操作説明をいたします。

GUI004

今回は先に見ていただいたコラージュ画像にするために「2 テンプレート選択」でオレンジのテンプレートを使いましたが、ご自身がイメージするレイアウトに近いモノをまずはテンプレートから選択します。

 

3 エリア調整画面

この画面で、写真を挿入するエリアの配置バランスを調整します。

まずは、画像比率を調整するツマミで「16:9」になるように設定しましょう。この設定は必ず行ってください。比率の調整が終わったら、オレンジの点線(写真を挿入するエリア)の調整をします。実際にサイズ調整する白いツマミやバランスを調整するオレンジのツマミを指で動かしてみて、気に入ったバランスに設定しましょう。

エリア調整ができたら、オレンジの点線内をクリックし写真の読み込みに進みます。

1点だけ、注意してほしいことがあります。それは、映像は上映するプロジェクターやスクリーンもしくはTVなどによって若干の差がありますが、画面の上下左右の端が切れていまいます。実際には画面の端から10%前後切れることがあります。あらかじめこの点を考慮して、画面の端からオレンジの点線を余裕をもって内側に入れましょう。


次に写真の読み込みと位置調整、画像保存の方法を説明します。

GUI05

4 エリアと写真選択画面

左下のエリア選択と上部の写真リストは連動します。まずはエリア(どこに)を選択し、その後に入れたい写真(何を)を選択してください。エリアに写真の挿入が終わったら「選択決定ボタン」をクリックします。


5 スケールと位置調整画面

おなじみの操作だと思いますが、写真の上で指を使って拡大縮小したり、位置を調整したりしましょう。気に入ったコラージュが完成したら画面右下の「保存ボタン」をクリックします。

ちなみにMOLDIVのこの画面で文字入れをすることもできますが、筆者は文字入れをPhontoで行っています。

この画面の上部のボタンですが、左の「テンプレート変更」でこの画面の状態でたくさん用意された別のテンプレートに変更することができます。やってみると分かりますが、テンプレートが変わるとイメージや配置がガラッと変わりますので、初期にコラージュデザインを検討するために試しでクリックしてみるのは良いと思いますが、本番用の画像を作成しているときには、この上部の二つのボタンは触らないほうが良いと思います。


6 保存画面

完成したコラージュ画像を保存します。保存メニューの解像度は「中級解像度(2048×1152)」を選択します。解像度サイズを見るとわかるように、フルHDサイズの1920×1080ピクセルよりも大きいサイズで保存します。


MOLDIVの操作説明は以上ですが、各アプリの特徴でも触れたように、MOLDIVはSnapseedと違って編集内容ごと保存することはできません。そのため、例えばこの後別のコラージュ画像の作成に入った場合に、先に作成したこちらの画像を微調整することはできず、ゼロから作り直すことになります。映像の中で、多数のコラージュ表現を取り入れることは避けたほうが良いと思います。


6.デザイン文字の挿入方法


デザイン文字の操作解説についても、先にサンプル画像をご覧ください。

Processed with MOLDIV

[文字挿入のサンプル画像]

 

ここからは、作成したコラージュ画像にPhontoでデザイン文字入れる作業手順を解説いたします。

GUI06

1 読み込み画面

Phontoは起動すると直後の画面が「画像選択画面」となり、画像選択後「フィルタ設定画面」が表示されます。今回筆者はPhontoでのフィルタ処理は行いませんので、その画面もスキップするとこのような画面になります。この画面で写真の上をタップし、文字追加メニューを表示します。


2 文字入力画面

画面に入れたい文字情報を入力します。この画面はこのあと説明する「調整メニュー」の「文字」メニューにあたりますが、ここで文字揃えや縦書き横書きの設定をします。

今回筆者が作成した映像に縦書き文字はありませんでしたが、Phontoは数少ない縦書き文字が入力できるアプリであり、和文フォントも充実しています。


3 調整メニュー画面

文字を調整したり、装飾するためのメニュー画面です。指で横フリックすると次のメニューも表示できます。文字の削除も次のメニュー項目にあります。

「スタイル」メニューで細かく設定ができますのでそれらは後ほど解説いたしますが、サイズや位置調整はこのメニューから簡単に操作ができます。

GUI07

スタイルメニューのよく使う機能は「間隔」と「影」設定です。この2つは文字表現では基本的な機能ですので、色々とお試しください。Phontoの便利な機能「カーブ」設定もスタイルから操作ができます。

 

文字の後ろに背景を入れるやり方は少し細かく説明します。

GUI08

7 背景設定

背景の設定は「色」メニューの「背景」タブで行いますが、最初にこのタブを表示すると「透明度」の設定項目が「0」になっていますので、ここの数字を上げて背景を見えるようにします。

この画面の下にある「幅」の設定でも横方向の幅は設定できますが、縦方向の幅設定ができないため、次の「背景設定 裏技」で上下方向にも幅を伸ばします。


8 背景設定 裏技

背景を実際に入れてみると分かりますが、「背景」機能で背景を入れただけの場合、文字と背景の余白があまりなく、少々窮屈な感じがします。もしそれが気になるという方は「ストローク」タブで無理やり調整することができます。

先に本来のストローク機能を説明しておきますが、ストローク機能はもともと文字の輪郭を入れる機能です。試しに不透明度を100にして、幅も最大にしてみてください。文字の周りに輪郭が入ると思います。そして、同時に背景も一回り広がったと思います。

その状態のまま、不透明度を「0.01」に下げます。こうすると、背景の幅は維持されたままで輪郭が見えなくなります。(実際には0.01%の透明度でうっすら表示しています)


9 保存画面

メインの編集画面右下の「保存」ボタンをクリックすると、保存メニューが表示します。保存メニューの「画像を保存」をクリックすると完成画像がカメラフォルダに保存できます。

 

以上で、Phontoでデザイン文字を挿入する方法の説明は終わりにします。

文字入れを含む、デザイン画像の作成が終われば、今回のオープニングとプロフィールムービー手作り工程の半分をクリアしたことになります。ここまで終われば、動画制作の仕上げとなる動画編集アプリFilmStoryでの作業を残すのみとなります。それでは、次から動画編集の解説を進めていきます。

 

参考までに、今回のオープニングムービー制作で筆者がMOLDIVとPhontoを使って作成したすべてのコラージュ画像を掲載しておきます。

このリストに無い画像は、直接FilmStoryで読み込んで編集しています。また、このコラージュ画像に入っていない文字もFilmStoryの字幕機能を使って文字入れをしました。

 

Processed with MOLDIV


 7.動画編集


いよいよ、メインの動画編集工程の手順解説に入ります。

まずは改めて、第一部、第二部でご覧いただいた完成映像を見てみましょう。

写真提供:世界中の絶景でウェディングフォトを撮影しているBackpack Wedding
公式Web:http://backpackwedding.com/
Facebook:https://www.facebook.com/backpackwedding/

 

第一部、第二部では掲載していませんが、実は完成する前に一度「お試しチケット」を使って、テスト書き出した動画があります。動画をご覧いただくと分かりますが、FilmStoryでは文字の表示と消滅(文字の出入り)を制御する機能にちょっとしたバグがあることがテスト書き出しで判明しています。もしかしたら今後のバージョンアップで解消されるかもしれませんが、どのようなバグがあるのかをこちらの動画で一度確認ください。

この動画の10秒ジャストのところでバグの症状がわかりますが、前のカットのテキスト「Wedding Party Masaki & Yuki」が次のカットの頭でも表示されている(消えずに残っている)ところがわかると思います。このテスト書き出しの動画中に文字が本来は消えているはずなのに、消えずに次のカットの頭にまたがって表示されている箇所が数箇所見られると思います。

これらの箇所はFilmStoryの字幕機能で文字を入れた箇所になりますが、写真と字幕の消滅時間を同じに設定した場合に、なぜか文字だけがコンマ数秒表示されてしまい、写真と同じ時間でピタッと正確には消滅しません。このバグを回避する手段等は、字幕機能の説明で解説いたします。

それでは、完成のイメージとバグの把握ができたところで、操作説明を進めていきたいと思います。

GUI09

1 プロジェクトの作成

FilmStoryを起動すると、過去に編集したプロジェクトのリスト画面が表示されます。その画面の下部の「新しいムービーを作る」ボタンで、新たなプロジェクトを作成します。


2 作成メニュー

ムービーの作成メニューは「横向き」を選択します。結婚式での上映以外にSNS用の動画等を作成したい場合には、縦向きや正方形ムービーもFilmStoryで作成可能です。


3 基本ツールメニュー

動画編集中はこのツールメニューが基本となります。今回筆者はあまり使うことがなかったため説明を割愛しますが「設定」メニューでは、プロジェクト内でまとめて一括で編集したい内容(文字の大きさ、1カットの長さ等)が一括変更できます。使い方によっては非常に便利な機能ですので、ぜひお試しください。

GUI10

4 音楽選択

まずは流れの軸となるBGMを選択します。楽曲に関しては第二部の設計書作りで少し触れましたが、今回筆者はJAMENDO MUSICで扱っているクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの楽曲をあらかじめダウンロードし、スマートフォンにファイルに転送していました。今回はそのBGMをライブラリーから選択しています。

筆者はFilmStory上で音楽の編集をしなかったため、音楽素材の編集に関しては割愛いたしますが、音楽ファイルも使いどころを調整したり、2曲目、3曲目を追加できたりします。複雑な音調整はできませんが、多少の編集はできますので興味がある方は音楽編集も試してみてください。


5 素材選択

音楽を設定した後は、並べる素材を読み込みます。画像で説明している通り、並べる順番通りに選択していきます。筆者は最終的に18個の素材を読み込みましたが、一度に18個を読み込むことはせず、シーンごとに読み込んで、少しづつ進めていきました。

一度に全てを読み込むか、少しずつ読み込むかはどちらもで問題ないと思いますが、設計書が固まっている方は、設計書通りに一気に素材読み込んで素材の尺設定などをざざっと済ませて、最初に映像全編の流れを作ってしまう方法もありだと思います。


6 基本ツールメニュー

新規プロジェクトを作成した直後は並べる素材が読み込まれていませんでしたが、素材を選択したあとは画像のように読み込んだ素材が並びます。

基本的にはまず素材を並べて、そのあとに「つなぎ方の設定」「素材の尺や字幕等の設定」をクリックして、次に表示されたそれぞれメニュー内でさらに細かな設定をしていきます。

 

それでは、次にそれぞれの細かい設定を解説していきます。

GUI011

7 トランジション設定

聞きなれない「トランジション」という言葉は「変化」を意味します。動画編集におけるトランジションとは、前後のカットをどのように変化させるかを設定する機能となります。また、その変化にどのぐらいの時間をかけるかを設定することもできます。

トランジションの種類については細かく解説いたしませんが、基本的なトランジションパターンがFilmStoryには揃っていますのでお試しください。ちなみに筆者が今回作成した動画では「なし」と「クロスディゾル ブ」の2種類を使用しました。

クロスディゾルブの尺設定には注意点があります。並んでいる前後の素材に例えば中央へズームインするアニメーションを設定したとします。そしてその間をトランジションの尺を長めの4秒等に設定します。この設定で再生すると、トランジション(変化)の真っ最中は前後の写真のアニメーションが完全に静止している状態になっていると思います。

クロスディゾルブに限らず前後のカットが同時に表示されるようなトランジションのタイプは、変化中は素材につけたアニメーションは静止するようになってしまいますので、ケースバイケースではありますが、筆者はクロスディゾルブの尺設定を短めに設定することが多かったです。


8 詳細設定/再生時間タブ

この画面でできることは画像の通りですが、FilmStoryの「フォトエディターで加工」を使って雰囲気のある写真を作成することができます。今回筆者はFilmStoryの中で写真加工をすることはしませんでしたが、この写真加工機能を使って、FilmStory一本で手作りすることも基本的には可能です。


9 アニメーションメニュー

画像のアニメーションパターンもFilmStoryの中には基本的なものが用意されています。画面画像にはありませんが、アニメーションパターンを設定したのち「保存」をクリックすると戻った画面には「ズーム倍率」という項目が追加されていると思います。「1.2〜3.0」のメニュー項目が新たに表示されますが、その項目を変えることでアニメーションの動き具合を調整することができます。

GUI12

10 字幕リスト

この画面は字幕の追加と設定した字幕をリスト表示する機能があります。「字幕を追加」ボタンをクリックすると挿入する字幕の細かい設定ができます。また、設定済みの字幕がある場合はその項目をクリックすると同じように字幕設定メニューが開きます。


11 字幕設定メニュー1

項目一つ一つの解説はいたしませんが、文章内容の入力、表示時間の設定、フォント、文字の大きさ、レイアウトなどなどが設定できます。

 

※重要な解説があります※

操作解説に入る前に「テスト書き出し」のムービーを見ていただいき、そこでFilmStoryのバグについて触れました。そのバグを回避する方法ですが、字幕設定の「終了時間」を画像自体の「表示する時間」よりも短く設定してください。字幕が次のカットにも消えずに残ってしまうというバグは、終了時間を短く設定することで一応回避できます。しかし、終了時間も1秒単位での設定となりますので、どれだけ調整をかけても、表示写真とぴったり同じタイミングで消すことは現時点のアプリバージョンですと難しいようです。


11 字幕設定メニュー2

この後にいくつか字幕サンプルを紹介いたしますが、FilmStoryの難点として、文字組み(文字レイアウト)の調整のしにくさがあります。12番の文字揃え設定をした画面画面ですが、「左揃え」の「上配置」を設定すると、画面左上の角にピタっと設置されてしまいます。Phontoのように「移動」機能で少しずつ任意の場所へ設置場所を移すことも不可能です。

例えばSNS用のムービーを作成するのであれば、この状態でもおおきな問題ではありませんが、結婚式場の披露宴会場でスクリーンを使って上映することを想定した場合、間違いなく文字が見切れていきます。仮にスクリーンではなく、自宅のTVでDVD再生するといったケースでも見切れてしまう可能性がかなり高いと思われます。

映像制作では、上下左右の端から10%以内には文字を入れることは避けることが鉄則ですし、できるのであれば20%以内に文字を入れないのがベストです。

blog_0303_03

プロフィールムービー手作りあるある記事より引用]

 

この問題を回避すべく、筆者は文字の頭にスペースを入れて、すこし文字を内側へ入れてみたり、あえてセンター配置に設定して、改行を入れたりして、すこし上の方へ文字位置をもっていってみたりしましたが、あくまでもスペースや改行といった1文字、1行の移動となり、意図する場所に文章を設置することが大変難しく、結果的にはPhontoで組み直すことが多い結果となりました。

 

 

※重要な解説があります※

第一部にて今回の実験企画の教訓の一つとして「文字などレイアウトはセンター中心で考える」を教訓にあげた理由はここにあります。FilmStoryで文字入力をする内容はセンターレイアウトにすることをオススメします。また、センター配置であれば下配置に設定してもフォント設定や「-」文字を入力するだけで程よい場所にテロップが挿入できます。

 

これらの工夫をほどこした、実際の字幕入力画像がこちらです。

GUI13

この3つの画像のように、スペース、改行、表示されない記号文字を駆使して微妙な文字の配置調整を行いました。

これはグラフィックデザインあるあるのような話になるのですが、文字記号や半角文字はフォント(書体)次第で適切な変換ができずに未表示になることがよくあります。今回のフォント設定した「ふい文字」に限らず、おそらく他の和文フォントでもこの方法は有効だと思います。(試してはいません)

 

以上で動画編集にまつわる操作解説を終わりにします。

今回の動画制作はこれらの機能を全編にわたって利用しましたが、特に映像の最初やエンディング部分で流れの間(ま)を作ることが写真素材だけでは難しいために、筆者は無地の真っ白な画像と真っ黒な画像もあらかじめ用意して、必要に応じてそれらの無地画像を挿入いたしました。

無地の白黒画像は本号よりダウンロードできますのでお使いください。無地の白画像はこちら。黒画像はこちら

最後に筆者が素材を並べた実際の画像を掲載しますので、参考にしていただければと思います。

GUI14


8.動画書出しと上映準備


 いよいよ、第一部からはじまり三部にわたって解説した手作りムービー制作も大詰めとなりました。

ここからは最終工程となる

♯5 [動画書出し]完成した動画を書き出す。

♯6 [上映の準備]DVD化する。SNSにアップロードする。

を続けて解説します。

 

それでは、動画の書き出し方法の説明いたします。

GUI15

1 保存メニュー

今回の企画で何度か触れていますが、今回は無料アプリで作成するためにFilmStoryの「お試しチケット」機能を活用します。


2 サイズ選択メニュー

今回はフルHDサイズでの仕上げを目標としていますので、1920×1080サイズを選択します。今回の目的以外では、用途に応じたサイズをこのメニューで選択してください。


3 フィルタ or 保存

サイズ選択をすると、書き出し中のローディング画面が入り、書き出しが完了するとこの画面が表示されます。

画面のタイトルを見ると「フィルタ」となっていますが、実はFilmStoryは書き出した動画ファイルに対して、さらにフィルタ処理をすることができます。しっかり検証できたわけではりませんが、一度だけ書き出してみた結果、この段階でさらにフィルタ処理を行うと、画質面で厳しい印象でした。

ここでさらにフィルタ加工することはせず、保存へ進めることをオススメします。

 

書き出しの説明は以上となります。YouTube等に投稿する場合は、引き続きFilmStoryから「共有」で手順を進めることができますが、その内容を含め上映の準備へ解説を進めたいと思います。

 

上映の準備について

まず、改めて上映の手段を整理してみたいと思います。

筆者が一番オススメする方法は、DVDやBlu-rayディスクといったディスクメディアを作成する方法となりますが、それ以外に考えられる方法は2つあります。

1つは、あくまでも動画ファイルでフィニッシュとして、PCを会場もしくはご友人等にお借し、会場で動画ファイルをPC再生する方法。

もう1つは、事前にYouTube等にアップロードしておき、会場もしくは自身、友人のPCで再生する方法。

 

まず一番最後のYouTube等にアップする場合ですが、これはFilmStoryの共有機能を使ってYouTubeにアップする方法で良いと思います。ただし、この方法は当然のことながら再生する際にインターネット接続が必須となります。

次はPCから動画ファイルを再生する方法ですが、この場合はなんだかのデータ転送の手段を使って、本番で再生するPCへデータを転送する必要があります。例えばご友人が余興でPCを使うことが事前に分かっている場合などは、そちらと合わせて会場に相談されると良いと思います。

 

最後に、筆者が上映再生の安定面としては一番だと考えるメディア作成についてですが、スマートフォンから何かしらのメディア作成することは現時点では不可能ですので、PCでなにかしらディスク作成するソフトウェアでの作業を追加で使うことが必須になります。本号ではディスク作成の解説は割愛させていただきますが、DVDの作成自体は比較的新しい機種のPCであれば、デフォルトでアプリケーションが用意されている可能性が高いと思います。

ディスクを作成する方法ですが、料金がかかりますが別の方法もあります。それはカメラのキタムラ等が行っている、ダビングサービスを使う方法です。

カメラのキタムラダビングサービス:http://www.kitamura.jp/shopping/osusume/os001.html

カメラのキタムラではブルーレイディスクへのダビングサービスも行っています。DVDへのダビングも含めて、PCがなくディスク作成のしようがないという方はこの方法を検討されてみても良いと思います。


9.まとめ


三部作となった「スマホの無料アプリでオープニング手作りに挑戦」企画は以上で終わりとなります。

結論や総括、教訓については第一部でまとめた内容が全てではありますが、手段や機器はさておき、コツコツとお二人で協力して手作りしたムービーであれば、おのずと思いのこもった素敵な映像になると思います。

お二人で楽しく手作りにチャレンジしてみてください!

 

後日、特別号にてプロフィールムービーも掲載しますのでお楽しみに!


blog_ranking

case_info1


手作りや演出ムービー関連人気記事

Read More
Pages:12»