Author

宮脇克彦

アンケート集【3】お客様の声をご紹介します

ココロスイッチではご利用いただいたお客様に挙式後、アンケートをお送りしています。

昨年の9月以降寄せられた沢山のアンケートの中から一部をご紹介します。

アンケートをくださった皆様、本当にありがとうございました!

 

アンケート(お客様の声)のご紹介

2017年9月挙式 東京都 W様ご夫妻

この度はプロフィールムービーという1番時間がかかるところをお手伝い頂き本当ありがとうございました。
おかげさまで他のところに時間を割くことができかつ満足いくものを作成してもらい感謝しかございません。
本当にありがとうございました。

商品:プロフィールムービー「VOYAGE」


2017年10月挙式 東京都 K様ご夫妻

仕事が早くて指示書の内容が分かりやすく、取り組みがしやすかったです。
また、出来上がったムービーも可愛くて夫婦共々ここにお願いして良かったと思いました。

商品:プロフィールムービー「Rouge」


2017年10月挙式 東京都 N様ご夫妻

安い値段なのに、とても丁寧に対応いただき嬉しかった。電話を受けた方も感じがよかった。
ムービーも素敵に作ってもらえて大満足。

商品:プロフィールムービー「Happy Yellow Movie」


2017年10月挙式 大阪府 H様ご夫妻

今回ココロスイッチさんにお願いさせていただいたのは、プロフィールムービーの中で、
わかりやすく本人にスポットを当てる演出があったのが1番惹かれた理由です(*^^*)
集合写真だと、どうしてもどこにいるのか見つけずらいので、あの演出があるだけでだいぶ違うなぁと感じました!
あとはオシャレにシンプルにまとまっているのもよかったので、出来上がりを見させてもらい感動もありすごくよかったです✴︎
本当にありがとうございました( ´ ▽ ` )

商品:プロフィールムービー「Gram」


2017年10月挙式 北海道 I様ご夫妻

YouTubeで、プロフィールムービーを探してた。見つけたルージュが可愛くて、作ってもらえてよかった。

商品:プロフィールムービー「Rouge」


2017年11月挙式 兵庫県 H様ご夫妻

おしゃれなオープニングムービーが出来て本当にお願いしてよかったです!
はやくみんなに見てもらいたいです(^^)

商品:オープニングムービー「Happy Yellow Movie」


2017年11月挙式 北海道 O様ご夫妻

おしゃれな映像と様々な年代のゲストでも見やすいようなムービーが魅力的で依頼させていただきました。
実際に出来上がった映像はとてもおしゃれかつシンプルで見やすかったです!
子供からお年寄りまでみんなに楽しんでもらえると思います。
わからないことも何度か電話でお尋ねしましたがとても丁寧に対応してくださって助かりました。
ありがとうございました!

商品:プロフィールムービー「Happy Yellow Movie」


2017年11月挙式 大阪府 S様ご夫妻

もう何度も見返しました!友人や家族の評判もすこぶる良かったです!
記念に残る素敵な映像は素人では簡単に作成出来るものではないので
ココロスイッチさんにお願いして正解でした!
もっと花嫁らしいキレイな表情を作ったらよかったなぁと思いましたが
そのままの自分なのでそれはそれでよかったのかな。。。と(笑)

商品:エンドロール「LASH」


2017年11月挙式 兵庫県 O様ご夫妻

エンドロールと記録ムービーの両方をお願いしましたが
どちらもその日を鮮明に思い出せるように編集していだいておりとても嬉しかったです。
当日、親族席はどうしても高砂から遠くなってしまうので家族も喜ぶと思います。
一時は記録ムービーはいらないかな…と思っていましたが
ココロスイッチさんにお願いして大正解でした!

商品:結婚式ビデオ+再入場エンドロール


2017年11月挙式 大阪府 K様ご夫妻

この価格でこのクオリティーとても素晴らしいです!ありがとうございました!!
ココロスイッチ様にお願いして本当によかったです(^ ^)

商品:結婚式ビデオ+再入場エンドロール、プロフィールムービー「Gram」


2018年1月挙式 京都府 U様ご夫妻

こ丁寧なやり取りでとても安心でき、こちらの要望にもお応えいただき、
とても満足のいくムービーに仕上がり感謝しております。

商品:プロフィールムービー「Rouge」


2017年12月挙式 京都府 M様ご夫妻

オープニング、プロフィール共にとても満足です。
何より両親たちがいいムービーだと喜んでくれたのがうれしかったです。
映像の構成や見せ方などセンスがよくスタイリッシュでおしゃれです。

商品:プロフィールムービー「Gram」、オープニングムービー「Happy Yellow Movie」


2017年11月挙式 愛知県 N様ご夫妻

お値段が会場の半額以下で友人メッセージやお支度映像も付けて頂き大変満足です。
エンドロールも素敵だと伺っていましたが、今回はお願いできず残念だったので、
別の友人がいればオススメしたいと思いました。

商品:披露宴ビデオ


2017年11月挙式 千葉県 K様ご夫妻

プロフィールムービーは、他社に比べて写真の枚数が増やしやすく、
(値段も優しく、スタッフの方の対応も柔軟だったので)お洒落な仕上がりに感動でした。
スナップ写真は、カメラマンさんの明るさ満点、期待以上の枚数でした!!

商品:スナップ写真、アルバム、プロフィールムービー「Happy Yellow Movie」


2018年3月挙式 東京都 H様ご夫妻

事前の準備メールからご丁寧にご対応いただき大変好印象でした。
そのため、エンドロールだけでなく、プロフィールビデオも依頼致しました。
当日のカメラマンの方は、ご丁寧なフォローや分かりやすいリクエストポーズを出されていました。
エンドロールを実際に観た時は、想像以上の仕上がりに大変驚いたことを覚えています。
参列された方々もエンドロールムービーについては絶賛されていました。
式場指名の業者さんではなく、貴社に依頼して本当に良かったと思っています。
誠にありがとうございました。

商品:再入場エンドロール、プロフィールムービー「Happy Yellow Movie」


2018年4月挙式 東京都 Y様ご夫妻

問い合わせ、メールでのやり取り、当日の撮影〜上映に至るまですべてスムーズでした。
ムービーもお願いした通り友人の笑顔が沢山映っていて見ていたとても幸せな気持ちになりました。

商品:再入場エンドロール


2018年4月挙式 福井県 S様ご夫妻

ブログに書いてあったとおり、対応が迅速かつ丁寧でした。最初は東京の会社という事もあり不安な事が多かったですが、
電話対応にメール対応が早くとても安心してお願いできました、ありがとうございました。

商品:フォトエンドロール「RW」


2018年3月挙式 東京都 A様ご夫妻

大満足です。特にエンドロールに関しては最高でした。

商品:結婚式ビデオ+再入場エンドロール


2018年5月挙式 東京都 M様ご夫妻

とてもセンスの良い作品で、対応も丁寧で、満足しております。本番(披露宴)が楽しみです。

商品:プロフィールムービー「Rouge」


2018年6月挙式 神奈川県 W様ご夫妻

想像以上のクオリティでびっくりしました。大変満足です。

商品:プロフィールムービー「FACILE」


2018年6月挙式 新潟県 C様ご夫妻

当初エンドロールは高いので我慢しようと思っていました。
(地元でエンドロールを作ってくれる会社だと16万円ほどでした)
インスタでココロスイッチさんを見つけ、ムービーのクオリティ、
お値段からとても魅力を感じお願いしましたが本当にお願いしてよかったです。
想像以上のクオリティのエンドロールを作っていただき、友人、親族共に大好評でした。
エンドロールは作っても後から見直すことはあまり無いから、
やらなくてもよかったという話を数人の友人から聞くこともありましたが、
ココロスイッチさんのエンドロールはとても素敵で、まだ結婚式が終わって2日しかっていませんが
もう10回以上は見直しています。一生の宝物になりました。
お値段が安いのはきっとスタッフの数を減らしたりして工夫しているんだと思ったのですが、
お値段以上のお仕事をしていただき感謝しています。
こんなに素敵なエンドロールを作っていただき、今ダイジェストムービーも一緒にお願いしなかったことを後悔しております。
是非、これから結婚する予定の友人がいればおすすめしようと思っています。
これからも頑張ってください。本当にありがとうございました。

商品:再入場エンドロール


いかがでしたか?
結婚式当日までは映像に限らず、いろいろ悩むことやご不安もあるようですが、
ココロスイッチのお客様は、みなさん、本当に結婚式を楽しんで、幸せなひとときを過ごされていて、
それが一番何よりだと感じています。

そして、その大切な時間や思いを残すような映像を、私たちにお任せいただき
さらにご満足いただけたことは、私たちにとっても本当に嬉しいことです。

これから結婚式を迎えられる中で、悩まれている方もいらっしゃるかと思いますが、
そんな時はどんな些細なことでも結構ですので是非お気軽にお電話いただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Read More

2018年3月・4月挙式向け、商品と割引特典の空き状況について

プレ花嫁結婚式ムービー注文の空き状況

1/20現在、3月、4月挙式向け 空き状況カレンダーの更新情報です。

空き状況カレンダーについて

こちらは、撮影を伴うビデオアイテムの提供残数をお知らせするページです。

ビデオ撮影アイテムは、撮って出しエンドロールムービー、結婚式ビデオ、シネマティックビデオ、ドキュメントビデオが該当します。

カレンダーはできるだけ最新状況を表示するように致しますが、お電話等でのご予約も受け付けているため、時差が生じる場合がございます。予めご了承ください。

また、スナップ撮影等の空き状況は、お手数ですがショップまでお問い合わせ下さいますようお願い致します。

3月〜5月の春シーズンはウェディングのトップシーズンとなっています。お問い合わせはお早めにお願い申し上げます。

 

1/20時点ビデオ撮影空き状況

 

残数表示ついて

◎印 → 10点以上提供可

印 → 残り6点以下

▲印 → 残り3点以下

X印 → 完売

・ 3月ビデオ撮影 空き状況 ・
3日/土曜/仏滅 → ◎
4日/日曜/大安 → ▲ 残3組
 
10日/土曜/大安 → ▲ 残2組
11日/日曜/赤口 → ◎
 
17日/土曜/友引 → ▲ 残2組
18日/日曜/先負 → ◎
 
24日/土曜/先負 → ■
25日/日曜/仏滅 → ■
 
31日/土曜/赤口 → ■
※ 3月対象の割引特典とHYMフェア特典 空き状況 ※

 

現在開催中の春婚キャンペーン「先着10組様限定 春婚割引特典」の残り状況をお知らせいたします。

3月挙式向け、割引特典は完売いたしました。

 

幸せの黄色いムービーフェア(HYMフェア)の空き状況をお知らせいたします。

3月挙式向け、幸せの黄色いムービーは完売いたしました。

<今年から追加対応始めました>

昨年よりお申し込みのお問い合わせを多数いただき完売が続いていますが、今年からSNS割引価格、通常価格共に制作数量に達した場合、HYM単品でご予約はできかねますが、撮影アイテムと通常フォト商品等のセットの場合に限り、追加制作する対応を開始致しました。セットでご検討のお客様はショップまでお問い合わせください。

 

・ 4月ビデオ撮影 空き状況 ・
1日/土曜/大安 → ■
 
7日/土曜/大安 → ▲ 残3組
8日/日曜/赤口 → ◎
 
14日/土曜/赤口 → ▲ 残3組
15日/日曜/先勝 → ◎
 
21日/土曜/友引 → ▲ 残2組
22日/日曜/先負 → ■
 
28日/土曜/先負 → ■
29日/日曜/仏滅 → ◎
30日/月曜祝日/大安 → ■
※ 4月対象の割引特典とHYMフェア特典 空き状況 ※

 

現在開催中の春婚キャンペーン「先着10組様限定 春婚割引特典」の残り状況をお知らせいたします。

4月挙式向け、割引特典は残り 2組様 となっております。

 

幸せの黄色いムービーフェア(HYMフェア)の空き状況をお知らせいたします。

4月挙式向け、幸せの黄色いムービーは完売いたしました。

<今年から追加対応始めました>

昨年よりお申し込みのお問い合わせを多数いただき完売が続いていますが、今年からSNS割引価格、通常価格共に制作数量に達した場合、HYM単品でご予約はできかねますが、撮影アイテムと通常フォト商品等のセットの場合に限り、追加制作する対応を開始致しました。セットでご検討のお客様はショップまでお問い合わせください。

 

※ 春秋挙式のお客様へお願い ※

当店では、花嫁花婿様はもちろんのこと、ご両親様やお二人が大切にされたゲストの皆様のために、結婚式の様子をビデオで残しておきたいという方へ、1組でも多く当日撮影を提供したいと考えています。

そのため、ご注文が集中する春(4〜6月)秋(9〜11月)シーズンに関しては、当日撮影のビデオアイテムのご注文は1組様あたり2点までとさせて頂いております。(例:『記録ビデオ+エンドロール+シネマティック』等の組み合わせは不可)

提供数を多くできるよう継続的に努力を行って参りますが、何卒、ご理解の程よろしくお願い致します。


資料請求ボタンお問い合わせボタン

商品やご予約状況に関するお問い合わせは、お電話(お客様窓口:03-6454-4276)でも承っております。まずはお気軽にご相談ください♪

 


結婚式ムービー割引情報

結婚式エンドロールやムービーの人気ランキング

安くておしゃれなプロフィールムービーとオープニングムービー

結婚式ムービーやスナップ写真の購入にクレジットカード

Read More

アンケート集【2】お客様の声をご紹介します

アンケート(お客様の声)のご紹介

ココロスイッチではご利用いただいたお客様に挙式後、アンケートをお送りしています。
今年の2月以降寄せられた沢山のアンケートの中から一部をご紹介します。
それぞれのアンケートの後に、店長からの一言もありますのでよろしかったら是非参考にしてくださいね。
アンケートをくださった皆様、本当にありがとうございました!


2017年2月挙式 京都府 S様ご夫妻

とても満足しています。自然な表情を沢山撮っていただいていることも嬉しかったですし、
これから先、鑑賞するたびに、当日の気持ちを鮮やかに思い出せるだろうな…と思えますし、とても感謝しています。
記録ビデオだけでなく、カメラやエンドロールもお願いすればよかった…と後悔しているくらいです…。

商品:結婚式ビデオ

|店長より一言|
他の商品も頼めばよかったと後悔されているとのことですが、それでも、記録ビデオを残していただけて良かったです。
記録ビデオは当店でも一番おすすめしている映像ですし、お手元に残すものとしてはこれ以上忠実に残せるものはありません。
これからも、ずっとお二人の傍に置いていただければ幸いです。


2017年3月挙式 東京都 I様ご夫妻

カメラマンさんのお人柄が温かく、当日安心してお任せすることができました。
また、作品も映像そのものの美しさはもちろんですが、
とてもドラマティックに仕上げていただき、当日以降も何度でも見返したくなります。
エンドロール、シネマティック共に自信を持ってオススメできる素晴らしい作品です。

商品:シネマティック+再入場エンドロール

|店長より一言|
エンドロールは当日上映する映像ですので、限られた時間内で編集しなくてはいけませんが、
それに対し、シネマティックは、後日、じっくりと編集を行いますのでより充実した映像作品としてお届けできます。
カメラマンにもお褒めのお言葉をいただきありがとうございました。


2017年4月挙式 東京都 Y様ご夫妻

いつもご返信が早く、外注ということもあり不安がありましたが、
ご丁寧な姿勢に安心しながらやり取りさせていただきました。
エンドロールもとてもセンスが良くお願い出来なかったことが悔やまれます…!!

商品:披露宴ビデオ撮影

|店長より一言|
式場の制約により、エンドロールのご注文が叶わず心苦しく思います。
披露宴のみの記録撮影とはなりましたが、それでも当店にご注文いただきまして本当にありがとうございました。


2017年5月挙式 京都府 Y様ご夫妻

想像以上に素晴らしいもので、3時間の式と披露宴が5分のエンドロールの中に凝縮されており、
またしっかり残してほしい映像まではいっていたので非常に嬉しく思います。
ココロスイッチさまにお願いして良かったです。
また友人などでエンドロールを検討している方がいましたら、ココロスイッチさまを推薦させていただきますね!
本当にありがとうございました!

商品:エンドロール「LASH」

|店長より一言|
LASHは販売間もない映像ですが、気に入っていただけて良かったです。
感じていただいた通り、エンドロールは、5分間の中でその日一日のストーリーを表現できるように心がけて撮影、編集を行っております。
お二人の感じたその日一日の思いが、エンドロールで表現できていたならば幸いです。


2017年5月挙式 東京都 O様ご夫妻

料金設定もとても良かったです♪
質問の返答もとても早く、親切で、本当に良い会社を見つけて良かったと思いました(*´∀`*)

プロフィールムービーもエンドロールもすごく良かったとみんなに言われましたヽ(´▽`)/♡♡♡
今やっと家でエンドロール見れたのですが、本当に最高です!!
とても感動しました( ;∀;)♡♡♡
ココロスイッチさんにお願いして本当に良かったです♡
本当にありがとうございました(*´∀`*)♡♡♡

商品:再入場エンドロール,プロフィールムービー「Rouge」

|店長より一言|
たくさんの♡ありがとうございます!
みなさんに喜んでいただけたようで、本当に良かったです♡


2017年6月挙式 京都府 Y様ご夫妻

外注にするのは不安でしたが、インスタグラムにアップされている動画が映像も音楽も素敵だったので、
お願いすることにしました。
プロフィールビデオ、エンドロールどちらも想像以上にステキに仕上げていただき大変満足しております。
対応も丁寧で始終安心して依頼することができました。ありがとうございました。

商品:エンドロール「LASH」,プロフィールムービー「幸せの黄色いムービー」

|店長より一言|
式場以外の外注へのご依頼に際し、少なからずご不安があるのは当然かと思います。
お顔が見えないやり取りの中でも、ご安心してお任せいただけるよう精一杯努めさせていただいております。


いかがでしたか?
結婚式当日までは映像に限らず、いろいろ悩むことやご不安もあるようですが、
ココロスイッチのお客様は、みなさん、本当に結婚式を楽しんで、幸せなひとときを過ごされていて、
それが一番何よりだと感じています。

そして、その大切な時間や思いを残すような映像を、私たちにお任せいただき
さらにご満足いただけたことは、私たちにとっても本当に嬉しいことです。

これから結婚式を迎えられる中で、悩まれている方もいらっしゃるかと思いますが、
そんな時はどんな些細なことでも結構ですので是非お気軽にお電話いただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Read More

アンケート集【1】お客様の声をご紹介します

アンケートのご紹介

ココロスイッチではご利用いただいたお客様に挙式後、アンケートをお送りしています。
昨年の春以降寄せられた沢山のアンケートの中から、そのうちいくつかをご紹介します。
それぞれのアンケートの後に、店長からの一言もありますのでよろしかったら是非参考にしてくださいね。
アンケートをくださった皆様、末永くお幸せに!


2016年6月挙式 東京都 U様ご夫妻

挙式前は楽しく、挙式中は気づかないうちに自然と撮影してくださっていてとても良かったです。
親族や参列者がたくさん映っていて嬉しかったです。

商品:挙式エンドロール、Gram

|店長より一言|
ココロスイッチのカメラマンは、おふたりやゲストの自然な表情を収めていきます。
挙式前のメイクルームなどでは、できるだけリラックスいただけるようお声掛けさせて頂くことも多いのですが、
挙式中や披露宴では、できるだけ自然な表情を収めていくようにしています。そういう時の表情を後で見返すと、きっとご自身でも驚くくらい幸せそうなお顔をされていることと思います。


2016年5月挙式 東京都 N様ご夫妻

ココロスイッチさんは撮り方も編集もセンス抜群で、対応も素晴らしいです!!

商品:シネマティック+再入場エンドロール

|店長より一言|
結婚式で思った通りの撮影を行うためには、何よりも現場での経験が必要です。
ココロスイッチのカメラマンはほとんど毎週、結婚式の撮影を行いながらセンスを磨いています。


2016年8月挙式 東京都 T様ご夫妻

本当に本当に大満足です!撮って出しエンドロールをするにあたり数々のブライダル映像業者さんを比較検討してココロスイッチさんにお願いをしたのですが、間違いありませんでした!カメラワークの巧さはもちろん、編集もとても綺麗で、大変素敵なムービーに仕上げて下さいました。ゲストの皆さんをしっかり映してくださったのも嬉しかったです。

商品:再入場エンドロール

|店長より一言|
再入場エンドロールをお選びになる際に決め手となるのは、披露宴でのゲストの表情がよりたくさん入ることと伺いました。
多くのカップルが、エンドロールは「ゲストの方々と思いを共有するための映像」として捉えていらっしゃるようです。
その思いを叶えるためには、当日はおふたりだけでなく、みなさんの素敵な表情を逃さず撮影していく必要があります。


2016年8月挙式 神奈川県 K様ご夫妻

期待以上にオシャレな仕上がりで、センスの良いところにお願いできて本当に良かったと思っています。
エンドロールムービーもスナップ写真も、とても満足しています。オシャレなムービー、スナップ写真のおかげで結婚式が終わってからも幸せな余韻に浸れて最高です。
本当にありがとうございました。

商品:再入場エンドロール、スナップ撮影

|店長より一言|
「スナップ撮影と映像、どちらを残すのがいいですか?」というご質問を受けることがあります。
そんな時には「どちらも違う良さがあるので、できればどちらも残して欲しい。」とお答えしています。
とはいえ、ご予算のご都合もあると思いますので「どれがいい?」と迷われた際は、是非ご相談ください。


2016年8月挙式 大阪府 I様ご夫妻

記録ムービーも先日届き、頼んでいてよかったなと改めて思いました(^^)
仰っていた通り、見ることのできなかったシーンや、ゲストの表情などが垣間見れて嬉しかったです😊✨

商品:結婚式ビデオ+再入場エンドロール、Gram

|店長より一言|
結婚式ビデオは、挙式、披露宴のイベントを余すところなく撮影します。
それだけでなく、挙式、披露宴中のおふたりがいない場面でのゲストの様子なども収録しますので、当日見ることのできなかったシーンも映像で補って、より完全な1日の記録をお手元に残すことができます。


2016年9月挙式 東京都 N様ご夫妻

到着するまで約2か月ほど。毎日ポストを見ては「まだかな」と首を長くして待っていました。
期待しすぎないほうがいいのかな、なんて思ったのが間違い。最高の仕上がりに夫婦ともども大満足です。

商品:シネマティック+再入場エンドロール

|店長より一言|
シネマティックは挙式後60日以内の納品になります。
お待たせしてしまうのが心苦しいのですが、丁寧に編集して最良の形でお届けしますので、きっとご満足いただけるかと思います。


2016年9月挙式 東京都 S様ご夫妻

申し込みから最後まで、いつも迅速な対応をしてくださり、安心感がありました。
当日の撮って出しエンドロールも、記録ビデオも式場で頼む半分の額でお願いでき、かなりの節約にもなりましたし、何より内容が素晴らしかったです。
私たちやゲストの表情を絶妙な角度や雰囲気で残せていただいて、何度も見返してしまいます。
本当に頼んでよかったと夫婦共々感激しております。
ありがとうございました!!!

商品:結婚式ビデオ+再入場エンドロール

|店長より一言|
現実的なお話になってしまいますが、結婚式は本当にお金がかかりますよね。
だからこそ節約できるところは節約して、しかも妥協せず叶えられるのが一番ですよね。
ココロスイッチは、これからもお値段以上のご満足をお届けできるよう、精進していきます!


2016年10月挙式 東京都 N様ご夫妻

本当にお世話になりありがとうございました!
映像頼むか悩んでいたのですが、頼んで本当によかったです。むしろエンドロールだけにしたのを後悔しました。。今回のエンドロールは大切に見ていきたいと思います。

商品:再入場エンドロール

|店長より一言|
映像は写真に比べて普段の日常で馴染みがないので、手元に残すイメージが湧きづらいですよね。
そのため、「映像を頼んでも後で見ることはないのでは?」というようなご懸念を持たれる方も多いかと思います。
でも、もしご検討の余地があるようでしたら、是非エンドロールと合わせて「記録ビデオ」や「シネマティック」もご検討ください。


2016年10月挙式 埼玉県 A様ご夫妻

依頼させてもらいました品, 全て最高の出来でした!感動しました!
プロフィール写真の枚数,コメント文字制限数 をもう少しだけ増やせればと感じました。

商品:結婚式ビデオ+再入場エンドロール+Facile、スナップ撮影

|店長より一言|
ご意見頂いた中でも、特に写真枚数の追加についてはこれまでもたくさんのご要望をいただいておりました。
そのため、今年より「お写真の追加」と「BGM曲追加」についてはオプションで対応できるように改善させていただいております。
「お写真の追加」は+1枚につき500円+税、「BGM曲追加」は+2曲まで追加で2,800円+税で承っておりますので、ぜひご利用ください。


2016年12月挙式 東京都 H様ご夫妻

映像に関しては絶対後悔したくないポイントだったので、かなり悩みました。いろんな業者さんのHPを見ましたが、なかなかここだ!というところがなく、
たまたま同じ式場で結婚式された方のSNSでココロスイッチさんを知りました。その方の感想がとても良かったので、HP拝見したところとてもおしゃれなHPに好感を持ち、
映像も素敵でしたのですぐお願いすることにしました。
実際、お値段も良心的でクオリティも素晴らしかったです。エンドロールの音楽と映像との合わせ方がすごく好みでした。笑
ココロスイッチさんにお願いして良かったです。

商品:結婚式ビデオ+再入場エンドロール

|店長より一言|
映像についてはみなさん本当に悩まれています。
特に会場提携以外の業者に頼むとなれば、まず、「信用できるのか?」というご不安もあるかと思います。
ココロスイッチも今年6年目になり、経験も実績もあるのですがやはり一番信用できるのは実際のお客様の声や口コミかと思います。
映像に限った話ではありませんが、もし何かご不安を感じられるようなことがあったら、是非SNSを活用して先輩カップルに聞いてみてはいかがでしょう。
ところで、ココロスイッチをご利用頂いた方には紹介クーポンをお渡ししています。もしSNSで見つけたら是非コンタクト取ってみてください。ひょっとするとクーポンで得するなんてこともあるかもしれませんよ!?


いかがでしたか?
改めてアンケートを眺めてみると、みなさん色々悩まれていたんだなぁということがとても印象的でした。
そうやって悩んだ結果、ココロスイッチを選んでいただき、さらにご満足いただけたことは、本当に私たちにとってもありがたいことです。

これから結婚式を迎えられる方々も、映像だけでなくいろいろな段取りでたくさん悩まれているかと思いますが、そんな時はどんな些細なことでも結構ですので
是非お気軽にお電話いただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Read More

結婚式の1日を残すための映像商品の選び方

%e5%ae%ae%e8%84%87%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%993

1.記念に残す映像の種類

結婚式を残すための映像には、いろいろな商品がありますが、まずは、どういったものがあるのか、代表的なものをご紹介します。

1)記録ビデオ
2)スペシャルビデオ
3)撮って出しエンドロール

会場提携の会社も含め、各社色々な商品がありますが、内容的には大体上の3つに分類できるかと思います。
「記録ビデオ」はイベントを記録的にありのまま撮影する映像で、「スペシャルビデオ」はBGMに合わせて編集するものが多く、1日をイメージとして見せるような映像です。最後の「撮って出しエンドロール」は本来は披露宴の演出として上映することがメインの映像ですが、結果お手元にも残る映像となります。

では、上の3種類の映像をさらに長所・短所も含めてご説明します。

 

2.各映像商品の長所・短所

1)記録ビデオ

「記録ビデオ」は文字通り、その日1日のイベントを「記録」として残します。
挙式や披露宴のすべてのイベントを音声も収録して残しますので、臨場感たっぷりのありのままの映像が残せます。
「記録ビデオ」で大事なのは、その場で今、どんなイベントが行われていて、誰が何をしているのかということがわかるような映像でないといけないということと、イベントは漏れなく残すということです。
そのため、撮影方法としてはカメラを三脚に固定して安定した映像を撮るのが基本になり、撮影中の場所移動もあまり行いません。安定と見やすさを重視した撮影方法になります。
「記録ビデオ」で一番特徴的なのは、「音声が残る」ということです。これは決して写真ではできない、映像ならではの良さでもあります。
つまり、写真も含めた全ての商品の中でも、その日1日を最もたくさん残せる(記録できる)ものが「記録ビデオ」ということになります。
まさに「これさえあれば」という商品だといえるでしょう。
補足ですが、ご両親へのプレゼントとしてもご要望が多いのもこの「記録ビデオ」です。

記録ビデオの長所・短所
■長所
・音声が残る
・1日のイベントがすべて残る

■短所
・長尺になる(約100分程度)

2)スペシャルビデオ

「スペシャルビデオ」というのは挙式や披露宴を断片的に撮影し、編集するような映像です。
このカテゴリーの商品は定番ではありませんし、各社様々な商品を独自の商品名で販売していますので、すぐにはイメージしづらいかもしれません。
例えば、当店では「シネマティックビデオ」や「ドキュメントビデオ」といった商品がこのカテゴリーに該当しますが、「記録ビデオ」との大きな違いは、音声も含め、当日のイベント全てを残す(記録する)ための映像ではないというところです。
例えば「シネマティックビデオ」はお二人の1日をショートフィルムのように印象的にまとめる映像です。
「記録ビデオ」のようにきっちり撮る、残すということよりも、イメージとして綺麗に残す、印象的に編集するということに主眼を置いていますので、撮影手法も「記録ビデオ」とは大きく変わってきます。
「シネマティックビデオ」の撮影はお二人を印象的な構図で撮影したり、ゲストの表情や仕草などの細部を撮るため、常に移動したり、カメラを常に色々なところに向けて撮影します。
そのため、例えばスピーチをじっくり撮ったり、余興をずっと撮影するということはありません。それをするとイメージビデオとしてはクオリティを下げてしまいますし、成り立たなくなってしまうからです。

ココロスイッチではもう1つ「ドキュメントビデオ」という商品もあります。
この商品も「記録ビデオ」のように全てを残すためのものではありません。
その代わり、その日一日の「想い」を残すことを目的にしており、そのためお二人やご両親、結婚式に関わってくれたゲストの方などの「想い」をインタビュー形式で語っていただきます。
後で振り返った時、その日をどういう想いで過ごしたのかを、実際の言葉と映像によって振り返るというが主旨になりますので、撮影も断片的で、語られる言葉に沿った編集となります。

このように、「スペシャルビデオ」のカテゴリー商品は、記録ビデオとは違い、いずれも映像が断片的かつ、細部を撮ったものであり、演出的な編集をする映像となります。

スペシャルビデオの長所・短所
■長所
・映像が短めなので、手軽に見ることができる
・演出的な映像なので感情移入しやすく、感動的な仕上がりになる

■短所
・音声も含め、全てを残すことはできない。
・余興やイベントをじっくり見るには不向き

3)撮って出しエンドロール
「撮って出しエンドロール」は当日の様子を撮影し、その場でBGMに合わせて編集したものを披露宴のエンディングに上映する演出映像です。
「撮って出しエンドロール」はあくまでも当日の演出のための映像ですが、その結果として手元にも残る映像となります。
しかも、これまで紹介した映像商品は挙式後およそ2か月後に納品となりますが、「エンドロール」は当日にDVDとして手渡りますので、その日から楽しめるのも大きな魅力です。
さらに、エンドロールは、BGMに合わせて5分ほどに映像をまとめますので、とても手軽に、しかもその日から何度も見られます。
その反面、その日の映像を残すというには収録時間が短すぎますので、将来的なことまで考えるとお手元に残す映像としては少し物足りなく感じるかもしれません。
ココロスイッチではエンドロールは演出として、また当日から何度も見れる映像として最高の商品としてオススメしていますが、将来的にずっとお二人の傍に残すものとしては、やはり「記録ビデオ」か「スペシャルビデオ」をオススメしています。

撮って出しエンドロールの長所・短所
■長所
・演出として上映できて、家でもその日からDVDで見れる。

■短所
・将来的にずっと残しておくものとしては、物足りない

3.それぞれの映像商品を選ぶポイントとは?

これまでに「お手元に残す映像」という観点から各商品の特徴や違いをお話ししましたが、それでは、具体的にどう言ったポイントや基準で選べば良いのでしょうか。
次からは、各商品選択の基準となるようなポイントをご紹介しますので、ご参考にしていただければ幸いです。

「記録ビデオ」を選ぶポイント
1)どのイベントも残したい。または挙式、手紙、余興などきっちり残したいイベントがある。
2)将来的に子供にも見せたり、夫婦で見て振り返る姿が想像できる。
3)ご両親や祖父母、親戚にもプレゼントしたい。

「スペシャルビデオ」を選ぶポイント
1)全部残す必要はなく、それよりも手軽に見れることを重視したい。
2)ありのままより演出的に編集してほしい。
3)友達にも見てほしい。

「エンドロール」を選ぶポイント
1)当日上映する演出として外せない。
2)二次会で上映したり、当日から映像が見たい。
3)友達とシェアしたい。

4.後悔しないための映像選びとは?

結婚式の映像は、本当にたくさんのカップルが「やっておけばよかった。」「残しておけばよかった!」と後悔することの多いものです。
ゼクシィなどの情報誌の特集でも「やっておけばよかったもの」ランキングでいつも上位に挙がってくるほどです。
当店でも、実際にご利用いただいたお客様より、後日アンケートをいただくのですが、「頼んでよかった!」というお声とともに、「もっとやっておけば良かった。」というお声もたくさんいただいています。
その中でも一番「やっておけばよかった」と言われるのが、実は「記録ビデオ」です。
「記録ビデオ」は「エンドロール」や「スペシャルビデオ」に比べて、地味、長尺という印象が強く、「見ないでしょ」ということで判断されることが多いのですが、実際は、結婚式というあまりにも素敵な1日を過ごされた後になって、「やっぱりもっとあの日を残せばよかった!」という感情が沸々と湧いてくるようです。
しかし、不思議なことに「記録ビデオ」を残されたお客様から「やってよかった!」というお声をいただくことは「エンドロール」に比べると少ないのですが、「やっておけばよかった!」というお声は圧倒的に「記録ビデオ」が多いのです。
人は得たものより、失ったものに固執するというのは心理学ではよく出る話ですが、これは皆さん心当たりのある経験ではないでしょうか。「後悔しないという自信がない…」という方はもちろん、安心感を得るためには「記録ビデオ」が一番のオススメ商品となります。

 

5.最後に

いかがでしたか?

私たちはたくさんのカップルから、毎日のように商品選びについてご相談を受けています。
映像について求められることや選択基準は、当然カップルによって様々ですので、できる限りご要望を聞いてアドバイスをさせていただいています。
それでも、やっておけばよかったと後悔するカップルが沢山いることを考えると、時折力不足を感じることもあります。
このブログがお二人の後悔を無くすための一助になれば幸いです。
それでもやっぱり悩むようでしたら、その時は是非お気軽にお電話くださいね!

 

Read More

申込み検討から当日までの流れ|式場への確認事項は?

%e5%ae%ae%e8%84%87%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%9902

「申し込みにあたって、式場に何を確認すれば良い?」「申し込みから当日までの流れを教えて」といったご質問をいただくことがあります。

お二人にとっては結婚式自体もそうですし、持ち込みについてもわからないことだらけ。知らなくて当然ですし、ご不安もあることでしょう。

そんな不安を解消するためにも、まずは全体の流れをつかんで、少しでも不安をなくしてくださいね!

 

検討から当日までの流れ

1.プロフィールムービー

それでは、ここからはプロフィールムービーと当日撮影商品に分けてご説明します。まずはプロフィールムービーから。
全体の流れは次のようになります。

1)会場への持ち込み確認
2)制作スケジュールの確認
3)お申込み
4)お写真の選定・収集
5)写真のコメント、BGMの選定
6)素材発送
7)映像試写、修正
8)納品、会場での上映チェック

それでは、順番に細かく見ていきましょう。

1)会場への持ち込み確認
まずは、プロフィールムービーを持ち込むことをプランナーに伝えてください。その際には次のことを合わせて確認するようにしましょう。

・いつまでに会場に持参すれば良いか?
ほとんどの会場では持ち込みしたDVDがきちんと上映できるか、事前にチェックを行います。大体は挙式の1週間前くらいが多いのですが、その日程によりご準備の締め切りも変わってきますので、必ず確認するようにしましょう。

・制約、条件
それ以外に何か制作上の制限などはないか、確認しましょう。

2)制作スケジュールの確認
プロフィールムービーは、お二人の準備から完成まで最低1か月程度は見ておきましょう。前の項目で式場から納品日を指定された場合は、遅くともその1か月前から準備開始と考えてください。もちろん早く取り掛かれば早いほど、余裕を持って進められます。
ちなみに、完成まで1か月の場合、スケジュールは次のようになります。
・写真の収集、コメント記入、素材発送まで|1週間以内
・制作期間|2週間
・完成版試写確認、発送|2〜3日

いかがですか? 1か月前から準備開始しても写真収集やコメントを考える時間は1週間しかありませんので、かなり慌ただしくなります。余裕を持って進めるにはできるかぎり早く準備を始めてくださいね。

3)お申し込み
お申込みのタイミングは1)、2)より早くてももちろん結構ですが、これまで見てきたように、全体のスケジュールを把握した上で、余裕を持ってお申込みいただくのがお勧めです。
お申込みいただくと、当店よりプロフィールムービーの「作成キット」を送付しますので、中身を確認して準備に取り掛かりましょう。

4)お写真の選定・収集
まずはお二人の写真を集めましょう。実はこの写真収集と選定が一番時間のかかるところです。場合によっては実家から取り寄せることもあるかもしれませんので、選定期間は十分に見越して準備を始めましょう。

当店の場合は、ご用意いただくお写真は、プリントしたものでも、データでも、また、それら混在でも構いません。

5)写真のコメント、BGMの選定
写真の選定が終わったら、それぞれの写真に添えるコメントを考えましょう。当店の場合は記入用の「作成シート」に沿ってご記入いただくようになっています。
各コメントは通常20文字以内となっています。作成シートに記入したら、写真と合わせて映像の流れをイメージしてみましょう。また、プロフィールムービーに合わせるBGMも用意を始めましょう。

6)素材発送
ここまでで素材が全部揃ったら当店にご発送いただきます。尚、梱包の際はお写真が曲がったりしないように十分気をつけてくださいね。郵便ポストに投函される郵送では、大切なお写真が折れ曲がる危険性があります。宅急便やゆうパック、レターパックプラスなどでの発送をおススメします。

7)映像試写、修正
素材到着から映像完成までは約2週間ほどになります。完成した映像はWEB上でご確認いただき、OKならば2営業日以内の発送となります。

試写の結果、もし修正がある場合は修正期間として2日〜4日程度掛かります。挙式の1週間前までは修正可能です。

8)納品、会場での上映チェック
試写OKのご連絡をいただいてから2〜3日後にはお手元に商品が届きます。完成版は必ず会場に持って行って、お二人の披露宴会場で上映確認をしてもらいましょう。

2.当日撮影商品

それでは、次に当日撮影商品についてご説明します。当日撮影商品には「記録ビデオ」「エンドロール」「スナップ写真」「スペシャルビデオ」が含まれます。
まず、全体の流れは次のようになります。

1)会場への持ち込み確認
2)お申込み
3)素材準備
4)当店から会場への確認連絡
5)結婚式当日の撮影

それでは、順番に細かく見ていきましょう。

1)会場への持ち込み確認

まずはプランナーに持ち込みの確認をしましょう。この場合、持ち込みNGの会場かどうかで相談の方法が変わってきますので、まずは自分たちの会場が「持ち込みOK」かどうか調べてから相談するのが良いでしょう。詳しくは「持ち込み」についてのBlog記事をご覧ください。
記事はこちら→ 「お申込み前の第一歩!『持ち込み』について知っておくべきこと」

式場への持込み確認が終われば、お申込み前の準備は完了です。実際の撮影についての細かな確認事項もありますが、お申込み後に当店よりお送りする「カウンセリングシート」に沿って確認いただけるようになっていますので、まずは持込みが決定したらご連絡ください。

 

2)お申込み
撮影商品のお申込みにあたっては、まずは「売り切れ」にご注意ください。
「売り切れ」の可能性はシーズンによってことなります。特に3月〜6月の春シーズン、9月〜12月の秋シーズンはお申込みが多くなりますのでなるべくお早めにご検討いただくことをオススメします。また通年を通して「大安」「友引」といったお日にちも、売り切れになることが多いのでご注意ください。
前述のようなシーズンや人気のお日にちの場合、6か月前から2か月前までがお申込みの目安になります。もちろんお日にちが近くなるほど売れ切れる日が出てきますので、お申込みは早ければ早いほど確実になります。

尚、お申込みの際は、お名前、連絡先と以下の4点をご連絡ください。
1.挙式日
2.お時間(挙式開始時間|披露宴開始時間)
3.式場名(都道府県)
4.ご注文商品

3)素材準備
お申込みが完了しましたら、当店よりご用意いただく書類をご案内します。実際の撮影についての詳細は、当店よりお送りする「カウンセリングシート」に沿ってご確認いただくだけ。とっても簡単ですのでご安心ください。

ご用意いただく書類は次の通りです。 ※3)、4)はエンドロールのみ追加でご用意いただきます。
1)カウンセリングシート
2)進行表、席次表
3)ゲストお名前記入表|ゲストロールご希望の場合のみ
4)BGM
ご提出の期日は、それぞれ挙式の3〜2週間前となります。

4)当店から会場への確認連絡
挙式前週〜当週になると当店より会場のプランナーに最終確認の連絡を行います。その際にお二人からご提出いただいた「カウンセリングシート」と「進行表」に沿って、確認を行います。その際何かあればお二人にもご連絡いたしますので、ご安心ください。

5)結婚式当日の撮影
当日は当店のカメラマンが直接会場にお伺いします。どうぞよろしくお願いします。尚、エンドロールはDVDで当日納品させていただきます。

当店でのご検討、お申込みから当日までの流れは以上になります。
いかがですか?思ったよりやることが多いですか?それとも案外簡単そうでしたか?
いずれにしても、結婚式では映像や写真以外にも、ご準備いただくものや検討事項がたくさんありますので、早め早めにご準備いただくのが安心です。
当店ではお申込み以降のご提出物や手順もその都度メールでご案内いたしますし、わからないことやご不明点があれば、随時ご返答させていただいています。大まかな流れを確認いただき、わからないことがあればどんどんご相談いただければ幸いです。

Read More

お申込み前の第一歩!『持ち込み』について知っておくべきこと

%e5%ae%ae%e8%84%87%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99

1.「持ち込み」って何?

結婚式にまつわる言葉で「持ち込み」ってご存知でしょうか?

普段馴染みのある言葉ではありませんし、式場との契約初期の段階ではあまり話には出てこないようですので、知らなくて当然とも言えます。

しかし、いざ自分達の好きなように段取りを進めようとすると、この「持ち込み」がネックになり頭を悩ますというケースもあるそうです。

では一体、「持ち込み」とはどういうものなのでしょうか。

実は「持ち込み」とは式場の提携する業者以外、例えば自分達で見つけたショップや業者に依頼して、その商品やサービスを当日の結婚式で取り入れることを言います。

つまり式場の外から式場内に持ち込むという意味が含まれているのです。

 

2.「持ち込み料」や「持ち込みNG」があるのはなぜ?

式場に自分達で選んだアイテムやサービスを持ち込もうとすると、「持ち込み料」として費用が掛かったり、式場によってはそもそも持ち込みはNGというところもあります。

では、なぜ持ち込みに対してこのようなハードルがあるのでしょうか。

結婚式場にはドレス、装花、演出、引き出物、写真、ビデオなど結婚式に必要なものが当然一通り揃っていますが、それらは式場の運営会社が直接仕入れたり、専門の人を雇ってサービスを提供しているわけではありません。

もちろん中には一部自社で行っているところもありますが、ほとんどは式場と提携を結んだ別の専門会社がその商品やサービスを提供しています。つまり装花なら装花専門、写真なら写真専門の提携会社が会場内に存在しているのです。

そのため、式場で頼まずに持ち込んだ場合、当然その分、提携会社の利益は無くなりますし、式場も提携会社の商品には手数料を乗せて販売していることが殆どですので、式場の利益も無くなってしまいます。

そういう利害関係から「持ち込み料」や「持ち込みNG」が設定されているというのは1つの理由としてあるでしょう。

また、別の理由としては、そもそも結婚式場は、その式場のブランディングであったり、結婚式当日の施行の安全性を確保するために提携会社と関係を結んでいるということがあると思います。

結婚式場にはそれぞれのコンセプトがあり、そのコンセプトに沿ったサービスが提供できるか、また、当日の結婚式を滞りなくできるだけのスタッフ、人員がいるかといった要素など、様々な要素の検討を経て、提携会社を選定しているはずです。そしてその提携会社と常にチームを組んで自分たちでベストな結婚式を提供しているという自負もあるでしょう。

提携会社との関係や、チームとしてのこれまでの取り組みや、スムーズな連携システム構築のコストを考えると「持ち込み料」はそのシステムを使わないで、外部のスタッフやモノを使ったり、ケアするための手数料という言い分も考えられるかと思います。また「持ち込みNG」には自分たちが提供する結婚式こそがベストという会場の思いがあるかもしれません。

※余談ですが、このような会場のブランディング重視や、規格パッケージングされた結婚式の提供方法に対抗するカウンターとして、二人で好きなようなスタイルでやる「持ち込みOK」のオリジナルウェディングの流れがあります。

ここまでで誤解のないようにしたいのですが、私たちは「持ち込み料」や「持ち込みNG」の考えを支持するわけではありません。

ここで述べたいことは「持ち込み料」や「持ち込みNG」の是非ではなく、まずはプランナーとの相談にあたって事情をわかった上で臨んだ方がいいということです。

後でも述べますが、これらの事情を知っていれば、どういう風に相談すれば良いかを決める材料にもなってきますし、打ち合わせで腹を立てて、プランナーと気まずい関係になったりせずに済むかもしれません。

 

3.持ち込みに対する式場の対応パターン

では、ここからは写真とビデオの持ち込みに絞って話を進めたいと思います。

写真やビデオの持ち込みに対しての式場の対応は、大きく分けて次の3パターンがあります。

1)持ち込みOK。持ち込み料金設定も無し。

2)持ち込みOK。持ち込み料金設定あり。

3)持ち込みNG。

この基本の3つのパターンを押さえて頂き、いよいよ次からはそれぞれのパターン別の手順をお話ししていきます。

 

4.持ち込みを叶える手順とは?

まずは自分たちの式場の持ち込み事情を調べよう!

まずは式場との契約書類を用意して、持ち込みについての項目を確認してみましょう。またネットで検索してみると過去の経験者の投稿などが見つかる場合もあるようです。

前に述べた、持ち込みに対する3つのパターンのどれに当てはまるか大体わかるのではないでしょうか。

パターン別|プランナーとの持ち込み相談

調べた結果、どのパターンかわかったら次は相談方法を確認しましょう。

1)「持ち込みOK。持ち込み料金設定も無し。」の場合
この場合は簡単です!プランナーに「持ち込みたい!」と伝えれば大丈夫。
ただし、この場合でも写真、ビデオの撮影条件に制約がないかどうかは念のため確認しましょう。持ち込みOKでも例えば「メイクルームの撮影はNG」とか「挙式中はゲスト席から撮影」などお二人のイメージに沿ったものができるかどうかに当てはめて確認してみてください。

2)「持ち込みOK。持ち込み料金設定あり。」の場合
この場合、持ち込むことはクリアになっても、お二人にとって問題になるのは持ち込み料金でしょう。持ち込み料金の設定は会場によって様々です。

例えば、「カメラマン1名につき●万円」のようにスタッフ人数によって料金が設定されている場合や、「記録ビデオ持ち込み●万円」「スナップ撮影持ち込み●万円」のように商品によって設定されている場合もあるようです。

またエンドロールの場合は編集者用の「部屋代」やプロジェクター使用料が掛かるケースがあるので、漏れなく確認すようにしましょう。

3)「持ち込みNG」の場合
では、一番ハードルの高い「持ち込みNG」の場合ではどうでしょう。

この場合、撮影が可能になる条件はほぼ一つのみで、「友人(知人)に撮ってもらう」ということです。実際の相談の手順を説明します。

まずは前に述べたように、なぜ「持ち込みNG」なのかということを思い出してください。「持ち込み」に対してプランナーには許容しえない理由と心構えがあるはずです。そのため「持ち込みたい」という方向で相談しても頑なに断られてしまうケースが殆どです。ですので例えば、「会場に頼めない理由がある。けど実現させたい」という方向で話す方が良いかと思います。

一例ですが、次のような感じでしょうか。

(1)「式場のエンドロールを十分検討したが、クオリティ(テイスト)が自分たちには合わない。」「納得いかないのでその価格は出せない。」

(2)「それを会社の先輩に相談したら、知人で映像に詳しい人を紹介してくれた。」
「仕事関係の知人で映像に詳しい人がいる。」

(3)「式場のエンドロールは頼めないが、なんとかエンドロールは流したい。」
「その知人にできる範囲のエンドロールを作ってもらおうと思う。」

(4)「その知人に出席してもらって作ってもらうのが自分たちにはベストだ」
「あきらめたくないので、なんとか協力してほしい。」

あくまで、これは一例ですが、実際この方法でビデオ撮影を行った方もいるようです。

もし、これでOKが出るようならば、撮影についての制約などを確認しましょう。

おそらく知人が出席者として撮影する場合は、挙式中はゲスト席からの撮影などの制約条件が出るかもしれません。

このあたりの条件がおふたり的に許容できるかどうか、撮ってもらう場面をイメージして検討するのも良いでしょう。

 

5.最後に

いかがでしたか?

あくまで、ここで紹介した持ち込みに対する事情や相談方法は一例にすぎません。それぞれの会場やプランナーによって対応も様々かと思いますし、相談の仕方もその分変わってくるかと思います。

そのためにも、前もって持ち込みについての事情や状況を調べ、十分相談して、おふたりの納得いく結婚式が出来るよう頑張ってください!
そして、ご不安があったり、悩むような時は、ココロスイッチにまずはご連絡くださいね!

 

Read More

【解説】スナップ写真とは?

snap_ref

結婚式と披露宴のスナップ写真

スナップ写真は、結婚式の一瞬一瞬を丁寧に切り取り、その日一日の出来事と「思い」を、ありのまま写真に残すための撮影アイテムです。

ココロスイッチのスナップ撮影は、結婚式当日におふたりに付き添いながら、その日1日の進行に沿っておふたりとゲストの自然な瞬間を撮影していきます。

撮影は、メイクルームから始まり、その後の挙式・披露宴のお開きまで撮影します。その間、おふたりの様子はもちろん、受付やスピーチ、イベントでのゲストの様子なども撮影します。また、ウェルカムボードやアイテムなどのイメージカットもしっかり残します。

おふたりにとって、結婚式の当日は、すべての瞬間がかけがえのないものとなるはずです。それを形として残す場合、やはりプロのカメラマンによって鮮やかに残すことをお勧めします。そうやって鮮やかに残した思い出は、ずっとおふたりに寄り添う宝物になっていくでしょう。

もちろん、ココロスイッチのスナップカメラマンはウェディングを専門にしたプロの持ち込みカメラマンです。プロのウェディングカメラマンは、結婚式1日の流れを熟知しているのはもちろんのこと、おふたりやご家族、そしてゲストの方々の溢れる思いにフォーカスし、それを感じて表現できるような感受性が求められます。

また、それを写真で表現するためには、大事な瞬間を逃さないための機敏な反応や技術はもちろんのこと、現場では常に周囲に意識を使い、その場に参加している方々の心の起伏を感じ取る感性が必要になります。

しかし、そのためには、カメラマン自身に心の余裕があることが必要になってきます。そのため、ココロスイッチのカメラマンには、単なるカメラを扱う技術以上に、結婚式という場での現場経験が求められます。経験によって状況の変化を察し、対応し、瞬時にシャッターを切れる能力が身についています。

ココロスイッチのスナップ写真は、おふたりとゲストの方々の「思い」に寄り添い、その日その瞬間のみんなの「思い」が浮かび上がるような写真を心がけて撮影しています。

スナップ写真は瞬間を切り取ったものなので、おふたりの記憶に余白を残した状態でお手元に残ります。おふたりの素敵な思い出が、スナップ写真の切り取った瞬間によって、より豊かな思い出に変わっていきます。

数年後、思い出の写真を振り返ることは、少し大袈裟に言えばおふたりでタイムトラベルに出かけるような体験となり、とっても素敵な時間になるはずです。

そんな体験を是非ココロスイッチのスナップ写真で叶えてください。

 

結婚式〜披露宴スナップ写真の実例

<ヒルトンホテル東京ベイ>

<アンジェロコート東京>

東京レストラン、スナップ写真持ち込み

<東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート>

<パレスホテル>

埼玉ホテル、スナップ撮影持ち込み

<ザ・ランドマークスクエア・トーキョー>

東京ホテル、スナップ撮影持ち込み

 

二次会スナップ写真の実例

<二次会|うおまんダイニング>

二次会レストラン、スナップ撮影実例

<二次会|海賊の台所>


スナップ写真の商品ラインナップや写真の仕上りに関してはこちらのページをご覧ください。

snap


blog_ranking

case_info1

Read More

撮って出しエンドロールお名前・コメント『完全マニュアル』 ~お名前の上映は「有り?」「無し?」~

blog_endht

撮って出しエンドロールにゲストのお名前を上映するのか、しないのか、もし、上映する場合はどんな順番で流すのか。

コメントを添えるべきか、どんなコントを付ければいいのか、などなどいろんな疑問にお答えします。

撮って出しエンドロールを行う予定のカップルは、まずはこの記事を読んでから取り組んでくださいね!

 

お名前上映の有無について

1.まずは、お名前上映をするかどうかを考えよう!

「え!撮って出しエンドロールって当然、名前を流すものじゃないの?」

冒頭のタイトルを見て、こう思われた方も多いかと思います。

それもそのはず、「撮って出しエンドロール」は世の中に出てきた時から、お名前上映とセットになっていましたから。

そもそもだからこそ「エンドロール」と呼ばれていたりもするのですが、最近はちょっとその辺の事情も変わってきたんですね。つまり、お名前上映は必須ではなくなってきたんです。

なぜそうなってきたか?これについてはいろいろな意見があると思いますが、何と言っても一番わかりやすいのは「映像が綺麗になった!」ということかと思います。

映像が綺麗、しかも映画のようなワイド画面で構図もいい。「だったら綺麗に見てもらった方がいい!」という気持ちが大きいのかと。

もちろん、お名前を上映することによっていい部分もたくさんあります。

しかし、ここでまず言いたかったのは、どちらが良いかということではなく、「お名前上映は当たり前と考えなくてもいいですよ」ということです。

まずは、ここからスタートしてみませんか?

 

お名前の「有り」「無し」見え方の違い

スクリーンショット 2016-07-02 20.04.23

スクリーンショット 2016-07-02 20.03.25

あ、それと、蛇足かもしれませんが、お写真で作るエンドロールは断然お名前を流す方に賛成です。念のため。

 

2.お名前を上映する場合の良い所とは?

では、お名前上映について「有り無し」を検討するとして、まずは「有りの場合」と「無しの場合」、それぞれの良い所を考えてみましょう。

まずは「有りの場合」の良い所から。

 

■ゲストが多い場合でも、文字で伝えられる

例えば披露宴のゲストが100名以上になるような場合など、当日、一人一人に思いを伝えるのはちょっと無理かも。そんな場合でも、エンドロールでお名前を上映することによって思いを伝えることができます。

特に親族の方やお仕事関係の方に沢山来ていただくような場合、お名前にコメントを一言添えるのも良いでしょう。形式や格式を重んじるカップルには特にオススメです。

 

■直接的な表現だし、演出的に喜んでもらえる

何と言っても、お名前を流すのは、見ている人にとっても直接的でわかり易い気持ちの伝え方です。

また、ゲストとしてエンドロールを経験された方はわかるかと思いますが、自分の名前が「・・・出るか、出るか、、、出たー!」みたいなのは、わかってても嬉しいし、ちょっと楽しいですよね。

そういうのがいい!っていうお二人の気持ちも十分わかります!

 

3.お名前を上映しない場合の良い所とは?

では次に「無しの場合」の良い所を考えてみましょう。

 

■じっくりご覧いただくことができる=入り込める

お名前が出ないということは、ご覧になる皆さんがより映像に注視できるということです。

お名前を上映する場合は、どうしてもご自身のお名前が気になってしまいますが、そういうこともなく、お二人の世界に入り込んでいただくことができます。結果、披露宴の締めくくりにその日一日の感動をじっくり振り返ることができて、幸せを共有いただけることにもなります。

 

■ワイドで綺麗な映像を生かせる

前述したように、最近ではますます映像自体が綺麗になって見やすくなっています。画角も横長になって、お二人の一日を映画のように、よりダイナミックで、より綺麗に表現することができるようになってきました。

お名前を上映しない場合は、まずその良さを十分に引き立てることができます。余白を生かしたおしゃれな構図や、ロケーションの良さも映えますので、特に屋外での式や、ナチュラル、カジュアル、ボタニカルといったキーワードのある結婚式とは相性がいいでしょう。

 

■カジュアルになる

お名前を上映することに、どうしても儀礼的な印象を持つ方もいることでしょう。

お友達や気の置けない仲間が多く参加するような、カジュアルだったりアットホームなウェディングの場合は、あえて「名前無し」という方が「らしく」なることもありますよね。

 

4.スタイルに合わせてお名前「有り」「無し」を選択しよう

いかがでしょう。まだまだ他にもそれぞれ良い所はあるかとは思いますが、大事なのはお二人のスタイルにあわせて選ぶということはないでしょうか。

格式のあるホテルでの結婚式、友人とワイワイ楽しむ結婚式など、それぞれの結婚式スタイルに合わせた「撮って出しエンドロール」を考えて、お名前の「有り」「無し」を選択してみてはいかがでしょう。

「だったらあった方がいい!」のか「だったら名前無くていい!」のか。それぞれすっきり考えられる一助になれば幸いです。

では、いよいよ次からは「お名前有り」の場合に限って話を進めていきたいと思います!

 

お名前入れマニュアル

1.お名前を流す順番を決めよう!

お名前を上映するかどうか考えた末に、「お名前を上映する」と決まったならば、まずは、お名前を上映する順番を決めましょう。

とはいえ、上映する順番にはほぼ慣習がありますのでご安心ください。

一般的には次のような順番になります。

 

■大まかな順番

telop08 大まかには[1.ご新郎側ゲスト]→[2.ご新婦側ゲスト]の順番で上映します。
さらにそれぞれのゲストのグループごとの順番は次の通りになります。
※[ ]の括りで1グループとなります。

 1.新郎側のゲスト
・[主賓]→[職場関係]→[ご友人]→[ご親族]→[ご家族]

 2.新婦側ゲスト
・[主賓]→[職場関係]→[ご友人]→[ご親族]→[ご家族]

ここでのポイントとしては、[グループ]と[グループ]の間にスペース(間隔)を入れることです。
こうすると後でチェックする時にも確認しやすくなりますし、上映時にもゲストから見てわかりやすくなりますのでとってもオススメです。

では、まずはこのように大きくグループ分けしてから、次に各グループ内の細かい順番を決めていきましょう。

 

■職場関係

会社関係のゲストは上席の方から並べます。
・[上司・先輩→同僚→後輩・部下]

ここでの並び順は、普段の会社での上下関係の通りですので、比較的スムーズに決められると思います。

また、上司~部下までは1グループとして、特に間にスペースを入れる必要もないかと思いますが、上司を気にされる場合は、
・[上司]→[先輩・同僚・後輩・部下]

といった括りでグループに分けて、間にスペースを入れても良いかと思います。いずれにしてもサクサク並べていきましょう!

 

■ご友人

各友人グループごとに並べていくと良いでしょう。例えば、
・[大学の友人]→[高校の友人]など

ここでもグループの間にはスペースを入れましょう。グループ内での順番はそんなに気をつかわない部分かと思いますので、好きな順番で並べてOKだと思います!

 

■ご親族

ここから少し難易度が上がります。

でも大丈夫!親族に関しては次のポイントを意識すれば、うまく並べられると思います。

 (ポイント)
・【家族単位】を意識してグループ分けし、順番を決めていきましょう。

それでは、早速手順をご説明します。

telop09

1.まずは父方のご親族、母方のご親族でグループに分けましょう

この大きなグループの並び順は
・[父方のご親族]→[母方のご親族]の順番です。

2.次にそれぞれの親族を【家族単位】で並べましょう
・|父方の親族|[祖父・祖母]→【叔父・叔母→従兄弟→従甥・従姪】→【叔父・叔母→従兄弟→・・・】

上の【 】内が一家族単位になりますので、[祖父・祖母]を先頭に、繰り返し一家族ごとにつないでいきます。

父方の親族の「叔父・叔母」はあなたのお父様の兄弟姉妹ですので、この一家族ごとの順番は、叔父・叔母の生まれ順で良いでしょう。

また、ここでもこれまでと同じように、グループの間にスペースを入れるのをお忘れなく。

父方の親族が終わったら、次に同じようにして母方の親族を並べていきましょう。
・|母方の親族|[祖父・祖母]→【叔父・叔母→従兄弟→従甥・従姪】→【叔父・叔母→・・・】

このように、ご親族については「家族」の単位を意識してグループ分けしていくのがポイントとなります。

ここまではいかがですか?文字で説明すると難しく感じますが、家族ごとに並べていくと考えれば、案外難しくはないでのはないでしょうか?

ところで、ここまでで説明した順番以外に、祖父・祖母をご家族の近くに表記する方法も多く見られます。

おじいちゃん、おばあちゃんには特に思いの強い方も多いかと思いますが、そのようなケースですね。

こんな時は次のような順番で良いかと思います。例えば、
・[祖父・祖母]→【兄弟姉妹→父・母】

といった並びになります。

ちなみに[祖父・祖母]と【兄弟姉妹→父・母】の間にスペースを空けるかどうかは、しっくりくる方で決めて良いかと思います。

また、父方、母方の双方のおじいちゃん、おばあちゃんを近くに並べる場合は、
・[|父方|祖父・祖母]→[|母方|祖父・祖母]→【兄弟姉妹→父・母】

というので良いかと思います。

この場合は、[|父方|祖父・祖母]と[|母方|祖父・祖母]、さらにご自身のご家族との間にそれぞれスペース(間隔)を一行空けて表記する方がスマートかと思います。

 

■ご家族

さぁ、いよいよ大詰め、もう一息で完成です!

ご自身のご家族の順番は次のようにするのが一般的です。
・[兄弟姉妹→父・母]

兄弟姉妹が結婚されていない場合は、その方は家族のグループの中で表示すれば問題ありません。また、その方と父母との間にスペースを入れるかどうかはしっくりくる方で決めて良いかと思います。

では、兄弟姉妹が結婚されている場合はどうでしょう?ここではちょっとしたバリエーションがあります。例えば、次のような場合です。

 

□兄弟姉妹が結婚して家族同伴で出席している場合

この場合も前の親族のケースと同じように「家族」を単位として並べると良いでしょう。例えば、姉がご主人とお子様で出席されている場合は次の通りです。
・【義理の兄(姉の旦那様)→実姉→甥・姪】→【(未婚の)兄弟姉妹→父・母】

前と同じように【】が一家族単位となりますので、家族間はスペースを一行空けると良いでしょう。

これの応用で、複数の兄弟姉妹が家族同伴で出席される場合は、
・【義理の兄→姉→甥・姪】→【弟→義理の妹(弟のお嫁さん)→甥・姪】→【(未婚の)兄弟姉妹→父・母】

となります。

この場合も家族と家族の間にスペースを空けるとわかりやすくなります。

 

□兄弟姉妹が既婚者で、お一人で(またはお子様のみ同伴で)出席している場合

この場合は、無理にグループ分けしなくても良いかと思います。家族のグループに入れてあげて、次のような順番にするのがスマートではないでしょうか。
・【既婚の兄弟姉妹→その子供(甥・姪)→未婚の兄弟姉妹→父・母】

 

2.一番わかりやすく順番を決める方法とは?

これまでご紹介した方法でも「無理!」となった方、もしくは長い説明にうんざりした方。

そんな方にとっておきの方法をご説明します!

ここまで読んでいただいた方には申し訳ないのですが、次に説明する方法が一番わかりやすく早く決められると思います。

ただし!席次表が決まっていることが前提になりますので、まだの場合は頑張って前の説明に戻りましょう。。。

では早速、一番悩まなくて良い順番の決め方をご説明します!

 

■テーブルごとにグループ分けして紹介する方法

おそらくこれまで説明した方法と結果は同じようになるかと思いますが。

主賓以外の方をテーブルごとにグループ分けして紹介する方法です。大まかな順番はこうなります。
・[新郎側|[主賓]→[テーブルA]→[テーブルB]→・・・]→[新婦側|[主賓]→[テーブルA]→・・・]

1.上座のテーブルから並べていきます。
2.テーブルごとに、上位の方から順に紹介していきます。
3.テーブルが変わるところでスペース(間隔)を入れてわかりやすくしましょう。
4.最後はもちろんご両親になります。

この方法だと並び順の意図も伝わりやすくなりますし、ゲストの方もご自身のお名前を確認しやすくなります。

何より、席次表さえ手元にあればそれを見ながら決めていけば良いわけなので、お二人にとっても作業が楽になりますよね!

 

3.あまりオススメしない並び順

一方、ここまで説明した方法以外で実際に見かけるパターンでもあるのですが、かえってご記入が難しくなったり、わかりづらくなるような順番もあります。

次のような並べ方ですが、個人的にはあまりオススメできません。

 

■ご新郎側ゲスト、ご新婦側ゲストを混ぜて上席の方からご紹介する方法

・ゲストの方が見づらくなる場合が多いです。
・リストを作成する際にご自身での確認作業がしづらくなります。つまりお名前の漏れなどに気づきにくくなります。

 

■50音順で紹介する方法

・一見、無難な方法のようですが、かえって気をつかってないような印象になるかと思います。あまりオススメできません。

 

■順不同で紹介する方法

・これも上の50音順と同じ理由でオススメできません。最後に(順不同)と表記することも、かえってゲストに気をつかっていないような印象になると思います。

ただし、断っておきますと、上にご紹介した方法も決して間違いではありません。むしろ、プランナーさんによっては、これらの方法をおすすめする場合もあるようですので、ご検討の参考になればと思います。

 

4.順番を決めたら、次は正しいお名前を確認しよう!

お名前を並べ終えたら、必ずお名前の確認を行いましょう。

姓と名を確認するのはもちろんですが、漢字の間違いがないかもきちんと確認してください。

漢字の場合、とくに「ワタナベ」さんのように沢山表記のあるお名前や、「タカハシ」さんの「タカ」の字など、あくまでも正確な表示を心がけましょう。

telop05telop06

5.敬称について

お名前の後の敬称ですが、一般的にはすべて「様」で大丈夫です。ただし、お子様のゲストは「くん」や「ちゃん」とした方がより自然です。

また、ご両親、ご兄弟姉妹については次のルールが一般的です。

・未婚の兄弟姉妹は敬称は「付けない」、既婚者には敬称を「付ける」
・ご両親には敬称は「付けない」

ただし、ご結婚されている兄弟姉妹については、出席される人数によって別々のケースが考えられます。

前の「■ご家族」の並び順で説明したように、夫婦揃ってご家族で出席される場合は、上のルールの通り、敬称を付けた方が良いと思いますが、お一人で出席される場合で、なおかつ【家族グループ】内にお名前を入れる場合は、付けなくても自然かと思います。

最終的には見た目にもしっくりくる方で、選んで良いかと思います。

 

コメント入れマニュアル

1.メッセージを入れるなら

さて、ひとまずお名前は並べられたとして、次にゲストの方にメッセージを入れたい!という方もいらっしゃることでしょう。

では、早速ご説明いたします。

 

■まずは、一人か、二人か、グループか。それぞれ自由にメッセージを考えてみよう

メッセージを考える際、すぐにメッセージの思いつくようなゲストもいれば、どんなメッセージを入れれば良いか迷われるゲストの方もいらっしゃると思います。

例えば、主賓の方や友人一人一人は思いつくけど、会社の方や親戚一人一人まではメッセージが思いつかないというのは、皆さん同じように感じるところじゃないでしょうか。

そんな時に無理やり一人一人にメッセージをつけるのは不自然ですし、文字が増えて映像的にも見づらくなってしまうのでいいことはありません。ですのでこの場合は、一人に送るか、二人なのか、それともグループか、MIXして考えてみましょう。

つまり最初から「ひとりずつ」とか「グループごと」とか決めないで、ある程度自由に考えてみるのです。手順は次のようになります。

1.真っ先にメッセージを思いつく人、無二の親友などには一人あてのメッセージを考える。
2.主賓の方には一人ずつ丁寧なメッセージを考える。
3.職場関係や友人でも二人なら思いつく人、グループなら思いつく人、といった風にまとめてメッセージをつけていく。
4.ご親族は家族単位でメッセージを考える。

メッセージを入れるからといって、これまでの順番を崩す必要はありません。

ここまでの方法でグループごとに並び順を決めましたので、場合によってはそのグループの頭か最後にメッセージをつけるだけでも大丈夫です。

もしグループの中で、一人とそれ以外の方でメッセージが分かれるような場合は、そこにスペースを追加して入れると見やすくなります。

 

■コメントの文字数について

コメントの文字数についてはある程度そろえた方が良いでしょう。

また、文字数が多いとかえって読みづらくなるので、文字数は20文字までくらいが適正です。簡潔にまとめられるようにするのが、伝わりやすくするポイントです。

 

■コメント記入の際の注意点

さて、コメントを入れる際にも幾つか注意する点があります。やはりゲストみなさんがご覧になることになりますので、そのことを意識することが必要になります。

また、あまり気にしすぎることもないかと思いますが、結婚式ならでの言い方、好ましくない言葉もありますので、幾つかご紹介いたします。

1.忌み言葉
結婚式ではなるべく避けるべき「忌み言葉」があるのはご存知かと思います。

エンドロールはもとより、プロフィールムービーなどでお二人がつけるコメントでも、なるべく使用を避けた方が無難でしょう。

結婚式での「忌み言葉」は大きく分けて3種類あります。

(1)別れ、終わりを連想させる言葉
(2)不幸、死を連想させる言葉
(3)繰り返しを連想させる言葉、重ね言葉

では、次に、それぞれどんな言葉なのか、例をご紹介します。

(1)別れ、終わりを連想させる言葉
別れる、切る、離れる、帰る、終わる、破る、割る、去る、飽きる、捨てる、冷める、壊す、裂ける、返す、嫌う、離婚、離縁、など

(2)不幸、死を連想させる言葉
死ぬ、逝く、負ける、病む、敗れる、滅びる、壊れる、散る、悲しむ、嫌う、倒れる、忙しい、亡くす、消す、枯れる、痛い、流す、悪い、忌み、弔う、失う、苦しい、泣く、退く、褪せる、弱る、潰れる、しめやかに、仏、葬式、僧、四、九、など

(3)繰り返しを連想させる言葉、重ね言葉
戻る、繰り返す、再び、再度、再婚、再三、二度、二回、度々、くれぐれも、かえすがえす、重ね重ね、いろいろ、またまた、ますます、たびたび、など

いかがですか?「なんもいえねぇ」ですよね。

厳密にはここに挙げた以外にもまだまだあるようなので、正直、全部チェックしていたら思ってることも言えなくなりそうです。

とはいえ、最近では少し寛容にはなってきているとも思いますので、まずは思った通りのコメントを書いてみて、その上で、例えば「別れる」「切る」「病む」「死ぬ」などあまりに直接的な忌み言葉をチェックし、修正するのが良いのではないでしょうか。

2.句読点は省く
句読点には「区切る」「終える」という意味がありますので、使わないのが好ましいと言われています。

とはいえ、句読点のない文章は読みにくくなってしましますので、次のような方法で対処しましょう。

・句点「。」→削除
・読点「、」→読点の箇所にスペース(空白)を入れる

また、句読点に意味を持たせるケース(「、、、」や「。。。」など)や文章にリズムをつけるために必要な場合もあるかと思います。そういった場合は、無理に省く必要はないと思います。

3.その他の注意点
エンドロールのコメントは対象の方だけではなく、皆さんご覧になっています。

ご両親やご親族に見られて恥ずかしいようなコメント、またご自身の品位を落とすようなコメントは避けるようにしましょう。

(避けるべき言葉)
・「やばい」「きもい」など仲間内で使うような俗語
・ギャンブルに関するような言葉
・下ネタや下品な言葉
・差別的な言葉
・宗教や政治に関する言葉

 

■実際のコメント例

実際にコメントを考える際、特に迷われるのは「上司、目上の方」や「ご親族」につけるコメントかと思います。

では、そんな時につける丁寧なコメント例を幾つかご紹介します。

尚、ご友人やご家族につけるコメントは、あまり悩まないかと思いますが、先ほど説明したように、節度を守ったコメントをつけてくださいね。

 

□主賓の方へのコメント

「ご祝辞をいただき ありがとうございました」
「お言葉を励みに これからも精進して参ります」
「いただいたお言葉を忘れず これからも邁進して参ります」
「乾杯のご発声 ありがとうございました」

 

□上司・先輩へのコメント

「いつも温かい励ましをいただきありがとうございます」
「これからもご指導の程 よろしくお願いいたします」
「いつも相談にのっていただきありがとうございます」

 

□ご親族へのコメント

「遠方より足を運んでいただきありがとうございました」
「お正月には夫婦で遊びに行きます!」
「いつも優しく見守ってくれてありがとうございます」

 

2・結びの言葉をつけましょう

エンドロールでは最後に締めのメッセージを表示します。

披露宴の最後を締めくくる言葉になりますので、心を込めた感謝の気持ちを簡潔に伝えられるよう心がけましょう。

最後に、例文を幾つかご紹介して終わりにしたいと思います。出だしの一文と、それに続く締めの一文で分けてご紹介しますので、組み合わせて考えてみてくださいね。

 

□出だしの一文

「本日はおいそがしい中お越しいただき ありがとうございます 」
「本日は私たちのために足を運んでいただき ありがとうございました」
「本日は私たちふたりの結婚式にお越しいただき 本当にありがとうございました」
「皆さまに支えられて 今日という日を迎えることができました」

 

□締めの一文

「これからふたりで力を合わせ 頑張っていきます」
「未熟なふたりですが これからも温かく見守ってください」
「今日の日の幸せを忘れず これからもふたり仲良く歩んでいきます」
「ふたりで力を合わせ 温かく楽しい家庭を築いていきます」

 

■最後までご覧いただきありがとうございます!

いかがでしたでしょうか?すっきりしましたか?

お二人にとっては、わからないことだらけで、気をつかうところ、迷われることも多いかと思います。でも大丈夫!あくまで大切なのはお二人の気持ちであり、また、お二人らしさを見失わないようにすれば、きっと皆さんに喜んでいただけますよ!

慣例や儀礼はいろいろありますが、あまり難しく考えずにお二人らしいエンドロールになるよう、ご準備頑張ってくださいね!


エンドロールに関連する記事はこちら

|結婚式|エンドロールのBGM選びあるある【ゲスト体験談】

|結婚式|スタイル別!結婚式でおすすめのエンドロールBGM特集

|結婚式|エンディングムービーあるある 〜撮って出しを1ランクUPする方法〜

【解説】ブライダルビデオの種類とエンドロールが人気のヒミツ

【解説】結婚式の撮って出しエンドロールとは?


blog_ranking

case_info1

Read More

エンディングムービーあるある 〜撮って出しを1ランクUPする方法〜

blog_aruaru4

1.エンディングムービーが人気の理由

エンディングムービーは今や最も人気のある映像演出です。リクルートのブライダルマーケットの調査・研究機関である「ブライダル総研」の調査によると、映像を使った余興や演出を行った人のうち、72.8%がエンディング(披露宴の最後/お開き)で映像を上映しています。


映像を使った余興や演出の実施場面(映像を使った余興や演出を行った人/複数回答)

オープニング:47.1%
中座・お色直しの間:65.3%
エンディング(披露宴の最後/お開き):72.8%

ゼクシィ結婚トレンド調査 2015 報告書より
http://bridal-souken.net/souken/research.htm


このように多くのカップルがエンディングで映像演出を行っていますが、確かにエンディングムービーを上映することはメリットが多く、とても良い選択に思えます。

まず、エンディングムービーを上映することによって最後を締めることができますし、メッセージなどを表示すれば、当日十分なご挨拶ができなかった方々にも改めて気持ちを伝えることができます。また、「撮って出しエンドロール」で感動的な映像が流れたら、みなさんに「いい結婚式だったなぁ」と思っていただけることでしょう。

あと、あまり知られていないのですが、実はエンディングムービーの上映時間を利用してお二人とご両親がお見送りの準備を整えることができる、というメリットがあるんです。もしエンディングムービーの上映がなかったら、お見送りの準備ができるまでの間、ゲストの方々に”ただ待つだけ”の待ち時間が出来てしまいます。しかし、上映中の時間を準備時間として利用することによって、その後の待ち時間を無くし、スムーズにお見送りに移ることができるようになります。少しの時間とはいえ、ゲストの方々にストレスを感じさせないような心遣いができるなんて素敵ですよね。

まさに「終わりよければすべてよし」を叶える演出アイテム、だから人気があるということなんでしょう。

 

2.エンディングムービーの種類

そんないいことづくめのエンディングムービーですが、内容的には基本次の2つのパターンがあります。

 1.写真を使ったエンドロール|写真とともに、列席者の名前や感謝のメッセージを流すタイプ
 2.撮って出しのエンドロール|当日の挙式・披露宴の様子を撮った映像を編集して上映するタイプ

つまり、写真を使うか、でなければ撮って出しかという2択がほとんどです。
写真の場合は、お名前など文字要素は必須ですが、「撮って出し」の場合は最近では文字を出さないものも増えています。
では、ついでなのでそれぞれの長所・短所も見てみましょう。

■写真を使ったエンドロール
長所

・リーズナブル
・手作りも可能

短所

・プロフィールムービーと内容や写真を分けないといけないのが難しい
・ゲストとの写真を使用することが多いが、均等に紹介するのは難しく、写真選びに気を遣う

■撮って出しのエンドロール
長所

・当日の映像はゲストみんなが当事者で楽しめる
・当日納品の場合も多く、挙式当日から自分たちの映像が楽しめる

短所

・手作りできない
・料金がお高め
このように、手作りするなら必然的に写真を使ったものになりますが、業者に依頼するとなるとやはり「撮って出しエンドロール」が断然人気です。でも「撮って出し」の場合、式場で頼むと15万円前後というのもザラなので、その段階で諦める方も多いようですね。私たちココロスイッチでも「なんとか叶えたい!」という方々からたくさんご相談をいただきます。

最終的に「撮って出しエンドロールをやろう!」となった場合は業者を選ぶことになるのですが、では次に、業者を選定する際の注意点をお話しさせていただきます。

 

3.「撮って出し」を頼むべき業者の見分け方

大人気の「撮って出しエンドロール」ですが、実は7~8年ほど前までは今よりもっとスペシャル感のある映像演出でした。上映すると会場の皆さんが一様に驚き、盛り上がり、涙するような映像だったのです(本当にどこでもそうでした!)。

その要因は「さっき行われていた挙式の様子がもう流れている!」という驚きの要素が圧倒的に大きかったこと、さらには、それがまるでプロモーションビデオのように演出的に編集されていることへの驚き、またスクリーンに自分の名前が流れるという楽しみなど、実は今振り返ればいずれも初めての映像体験からもたらされる「サプライズ感=スペシャル感」要素が大きかったように思います。

さらにはその特別感は制作側にとっても同じでした。

「撮って出しエンドロール」の制作には今よりもある意味特殊な技術と多くの経験が必要でしたし、何より職人的な編集スピードが求められる特別なものでした。ましてや上映すると前述のようにゲストの皆さんからの大きな反応がありましたので、式場さんや商品を提供するビデオ業者もますます特殊スキル向上や、編集スピードアップに躍起になっていきました。

ある意味、そういう時代だったので、経験がありスキルを持った業者はまだ見分けやすかったと思います。そもそも業者の数も限られていましたし、サンプル映像を見ればなんとなくクオリティの差も判別できました。また、業者ごとの作風のようなものもある程度は見分けられたように思います。

しかし、この数年であっという間に「撮って出しエンドロール」も波及し、すっかり定番の演出になりました。要因としては編集するパソコンの高速化や経験者の増加、また、テンプレートとなるような映像がたくさん出回り、模倣しやすくなったことなどでしょうか。

今では、「撮って出しエンドロール」は人気通り、当然の映像演出でスペシャルなものではなくなったと思います。では、そんな特別なものではなくなった「撮って出しエンドロール」ですが、ならばどこに頼んでも同じようなものになるのでしょうか。

実はこれだけははっきり断言できますが、やはりそれは業者によって違ってきます。

もう少し正確に言うと、これまでにその業者が結婚式の映像、そして「撮って出しエンドロール」にどのように取り組んできたか、そしてその文脈に沿った経験と思いがスタッフに受け継がれて、今のエンドロールに表現できているかの違いになるかと思います。あっさり言うと「どのくらい経験がある?」ということでしょうか。

「撮って出しエンドロール」は文字通り、その時その時の一瞬を撮影し切り取って編集します。つまり一瞬のセンスが大事なのですが、そのセンスは絵的なものより思いを切り取るセンスとでもいうべきものが大事になります。ただそれはやはり実際の結婚式を経験してこそ身につくものですし、思いに共鳴できる感受性も大切です。そういう”思い”を重視し大切にする文化があり、ベテラン、若手スタッフ問わず共有できている業者であれば、まず間違いないでしょう。

そんな業者かどうか見分けるのは、もうこれは直感以外は方法はないかもしれません。まずはその会社のスタッフとコミュニケーションを取ってみて、お二人が気にいるかどうかを基準にしてみるのも良いかもしれませんね。

 

4.これだけは確認した方が良い!?エンディングムービーあるある

とんでもなく前置きが長くなりましたが、いよいよ本題です(ふぅ)。

さぁ業者も決まったし、あとは当日任せるだけ!基本はそうなんですが、実はさらにいい映像を撮ってもらうために意識した方が良いこと、業者に伝えた方が良いことがありますので、それをこれから”あるある”的にお話しします。

 

さらに1ランクUPな映像にするための撮って出しエンドロールあるある

 

|その1|メイクルームが散らかっている!

撮って出しエンドロールではメイクルームの撮影を行う場合があります。ここでは挙式前の緊張感ある表情を撮ることができますし、フォトライクでとても綺麗な映像を撮れることが期待できます。しかし、せっかく綺麗なポージングでも、背景にペットボトルやコンビニ袋が写っていたり、散らかっていたりしたら少し興ざめですよね。

もちろんカメラマンも気をつけるべきなのですが、メイクルーム撮影がある場合は、私物をあまり散らかさないように気をつけたほうがベターです。撮影時、念の為カメラマンに気をつけてもらうよう言ってみるのもいいかもしれません。

 

|その2|挙式本番、歩くのが早い!

特にご新郎に多いのですが、緊張や照れもあって足早に入場されることがよくあります。早く歩くのが決して悪いわけではないですし、間違いでもありません。しかし映像的にはゆっくり歩く意識のほうが良いものが撮れるでしょう。

何よりそのほうが堂々と見えますしね!

 

|その3|お子様ゲストの映像が多くなりがち!

お子様のゲストはとても絵になるので、カメラマンは何かと狙ってくるでしょう。編集者も映像に入れたがります。ただし、お子様のゲストが多い場合は要注意です。

エンドロールを見たら「お子様が多い!」という印象の場合もありますので、「それより大人のゲスト」という場合には前もってカメラマンに伝えておく方が良いでしょう。

 

|その4|下からのアングルに注意!

カメラマンはなるべくゲストの邪魔にならないよう、また進行の妨げにならないよう、極力目立たないように行動しています。

するとどうしてもしゃがんだ姿勢で撮るシーンが出てくるのですが、ほとんどのご新婦様はあまり下から撮られたくはないのでしょうか。

もしそれを避けたいのであれば、やはり前もって伝えておく方が良いでしょう。

 

|その5|エンドロールの曲が合っていない!

まず、エンドロールの曲は短すぎても長すぎてもいけません。少なくとも4分半以上、長くても5分半までがベストでしょうか。

また、誰も知らないようなマニアックな曲や激しすぎる曲(ハードロックやメタルとか)は避けた方が良いでしょう。もし不安があれば前もってプランナーさんや業者さんに相談した方が良いでしょう。

 

|その6|ゲストの名前とメッセージが多すぎてわかりづらい!

エンドロールでゲストのお名前とメッセージを流す場合がありますが、例えばゲストの方が100名を超えるような場合や、一人づつにメッセージを入れたい場合は要注意です。やはり文字は多くなればなるほど読みづらくなりますし、映像も見づらくなってしまいます。どうしてもメッセージを入れたい場合はグループごとにする、また、ゲストの人数が多い場合はメッセージは入れないなどの妥協は必要です。そうしないとかえって「伝えたいのに伝わらない」という状態になる可能性があります。ここは素直に業者さんのアドバイスに従った方がうまくいくかと思います。

尚、こう言ったことを回避するためにも、ココロスイッチではあえてゲストのお名前を上映しないのを基本設定にしています。実際以前よりそういったケースは増えてきていましたし、ゲストにも新鮮に映るようです。そして何より最後までじっくりご覧いただけるのでオススメです!

 

5. 最後は任せるのが一番?

いかがでしたか?

今回は撮って出しエンドロールのあるあるを中心にお話ししてきました。気になることがあればぜひ担当さんにご相談いただき、満足いくエンドロールを残しましょうね。

ただ、ここまでいろいろ相談すべき事項をお伝えはしましたが、実はあまり要望を言い過ぎるのも良くないのです。特にいい業者さん、スタッフならば尚更、自由に撮ってもらい編集してもらう余地を残しておきましょう。

彼らにクリエイティビティを発揮してもらった方が、ほとんどの場合もっと良くなるはずですから。


エンドロールに関連する記事はこちら

|結婚式|エンドロールのBGM選びあるある【ゲスト体験談】

 

|結婚式|スタイル別!結婚式でおすすめのエンドロールBGM特集

 

【解説】ブライダルビデオの種類とエンドロールが人気のヒミツ

 

【解説】結婚式の撮って出しエンドロールとは?


blog_ranking

case_info1

Read More
Pages:12»