【撮って出し】挙式エンドロールのサンプル映像を公開しました

blog_ed

本日、挙式エンドロールのアイテムサンプルを商品詳細ページに公開いたしました!商品詳細ページは こちら です。

こちらの記事にも動画掲載しますね♪まずはゲストロールの無い、撮って出しエンドロール。

そしてこちらが、ゲストロールが入ったエンドロール☆

お客様の結婚式に出席させていたいだたわけではありませんが、やっぱりエンドロールはキュンとしますね♡

 

今回は挙式タイプのエンディングムービーをご紹介しましたので、ここで一つ、結婚式の持ち込みカメラマンに関する豆知識を紹介します。

会場の提携業者ではなく、外部カメラマンの持ち込みでエンドロールを行う場合は、式場様から挙式中の立ち位置を指定される場合があります。具体的には下記の5パターンあります。

 

1.ゲスト席の最後列からのみ撮影可。終始立った状態での撮影も不可、ご参列のゲストと同様に着席時は着席での撮影。
2.ゲスト席であればどの席からでも撮影可。【1】と同様に終始立った状態での撮影も不可。
3.前方祭壇下の右側もしくは左側からのみ撮影可。
4.祭壇以外は、移動撮影可。
5.祭壇も含め、移動撮影可。
※上記は教会式、もしくは人前式における指定パターンとなります。神前式は当てはまりません。

 

ほとんどの式場は移動しながらの撮影を許可いただけますが、稀に【1】〜【3】に該当する指定が入ることもあります。過去の実績より調べたところ、約7割は【4】〜【5】に該当する立ち位置指定、残りの3割が【1】〜【3】に該当する立ち位置という状況でした。

ココロスイッチではすべてのパターンの撮影実績がございますが、やはりある程度移動して撮影できる場合と定点撮影では、仕上がりに差が出てしまいます。会場様も全ての外部業者に対して規制をするというよりは、実績がなかったり、馴染みの無いようなビデオ業者には制限をして、安全かつ円滑な挙式に努めるという傾向があるため、外部業者によって多少差がつくこともあるようです。ちなみに披露宴では特別制限を受けることは無いため、挙式中に撮れる内容だけを重視するときは、式場提携のビデオ業者、過去に入った実績のある外部業者、初めて式場に入る外部業者の順で、撮りやすい状況になると思います。

ココロスイッチでは過去の撮影実績から、撮影制限の有無や指定内容がわかる事もあるので「私たちの結婚式を挙げる式場は大丈夫かな〜・・・」と不安なときは、お気軽にお問い合わせください♪

それでは、皆様良い週末を!関東は気温も暖かくなり、春のようですヽ(*^^*)ノ


エンドロールに関連する記事はこちら


case_info1

howmuch

Mio
Author: Mio
SNS運営とWEB担当のツカモト ミオです。 開店5周年を記念してココロスイッチ公式Instagramも立ち上げました。 ドレスショップで働いた経験を生かして、ビデオの事がわからない人にも分かりやすい情報やお得なお知らせをお届けしていきます! よろしくお願いします♪